戦え新卒!新社会人に知って欲しい、販促で重要な20の項目【基礎まとめ:目次】

written by 高橋慶彦
戦え新卒!新社会人に知って欲しい、販促で重要な20の項目【基礎まとめ】

このページは、販促の基礎をまとめた「目次」となります。
詳細ページをアップデートしていきますので、宜しければ、
是非、この目次ページをシェア・ブックマークして下さい。

4月1日、本日から新年度がスタートしました。
新卒採用により、新入社員を迎えられた企業も多いと思います。

販促の業界に限らず、店舗・イベント運営、営業・顧客対応など、
様々な業種・担当の方にとって、「販促」への理解を深めることは、
新入社員のみなさんのプラスになると考えています。

そこで、基礎から販促についてお伝えします。
新入社員の方、そして、人材育成に携わる方に読んで頂きたいです。

販促の基礎

以下のような流れに沿って、販促の基礎をお伝えします。

はじめに

まず、そもそも「販促」とは何でしょうか?
企業として、販促施策を行うことによって何を目指すのか、
販促における重要なポイントと指標についてお伝えします。

企業

次に、自分が入社した企業について、もう一度振り返ります。
企業が保有する資産は何か、これまでの経緯と現状を踏まえた上で、
どのような販促施策を実施していくのか考える必要があります。

製品・サービス

ここで、自分がこれからお客様へ提供する製品・サービスについて、
しっかりと理解を深めます。なぜ、お客様に選ばれ、
お客様に対して、どのような価値を提供できるのか考えます。

市場とターゲット

そして、重要であるお客様について明確にします。
市場を分析し、市場性を見極め、販促施策を行う上で
優先すべきお客様が誰なのかを明確にします。

集客と成約

集客から成約に至るまでの流れと仕組化についてお伝えします。
どのように効果的な集客ツールを制作して、
見込み客との接点を構築し、成約を実現するのか考えます。

効果検証と改善

販促において重要な効果検証と改善の方法をお伝えします。
必須となるPDCAサイクル、効果的なアンケートの実施法、
成約率と顧客単価アップを実現する販促ツールについて考えます。

新社会人に知って欲しい、販促で重要な20の項目

販促を成功に導くポイントは、たくさんあります。
今回は、その中から、販促で重要な20の項目についてお伝えします。

はじめに

 01:販促によって何を目指す?
 02:販促において重要な2つのポイント
 03:販促において重要な4つの指標

企業

 04:企業が保有する2つの資産
 05:企業の経緯と現状

製品・サービス

 06:製品・サービスを1分で説明する
 07:競合比較と選ばれる7つの理由
 08:伝えるべき2つの価値

市場とターゲット

 09:市場を細分化する4つの区分
 10:ターゲット市場を見極める3つのポイント
 11:優先すべきペルソナイメージ

集客と成約

 12:集客から成約までの5つのステップ
 13:効果的な集客ツールを制作する5つのルール
 14:見込み客の4つのステージ
 15:見込み客へのヒアリングで重要な5つの項目
 16:成約要件を見極める3つのポイント

効果検証と改善

 17:更なる成果につなげる4つのステップ
 18:アンケートに必要な4つの項目
 19:成約確度の高い見込み客の抽出する販促ツール
 20:顧客単価をアップさせる販促ツール

最後に

「販促」は、簡単なことではありません。

しかし、重要なポイントをしっかりと理解し、
検証と改善を繰り返しながら、効果的なツールを活用すれば、
実現不可能なことではありません。

私も現在、「販促ビンゴカード」を活用し、
クライアントと共に、成果を追及しています。

本ブログを通じ、1人でも多くの新入社員の方が、
企業の売上アップとお客様への価値提供を実現し、
社会がより豊かになることを願っています。

記事はアップデート・改善を続けますので、
周囲の方にシェアして頂き、多くの方からご意見を頂ければ幸いです。