データ分析で接客スキル改善:成約率20%UP

データ分析で接客スキル改善:成約率20%UP

接客スキルの改善は、現状分析から。

携帯ショップ・自動車販売・住宅販売・家電販売などの大手企業様から、実店舗やショールームにおける接客営業スキルを改善したいというご相談を頻繁に頂きます。

接客の現状を1枚のカードで把握

成約率20%アップは実現できる

携帯ショップの運営を行う上場企業様に、接客改善ツールをご提案しました。

お客様1人につき、1枚のカードを配布した結果、成約率を20%アップさせることに成功しました。特に、新人のスタッフや接客営業経験の浅いスタッフの接客スキルが大幅に改善されました。

まずは、個々の接客スタッフの現状を把握することが重要です。

提案漏れが、ほぼ無くなる

そもそも、お客様にご提案できていない。

接客の経験が浅い方々は、目の前の1つのことで頭が一杯になってしまいます。

携帯ショップのように、ご提案事項が多数存在するサービスの場合、接客スタッフには、その都度お客様に最適な追加提案を行うスキルが求められます。しかし、経験が浅い方は、目の前の手続きだけで余裕が無くなります。

今回ご提案したカードを活用した結果、自分がご提案すべき項目を都度チェックできるため、提案漏れがほぼ無くなりました。

ゲーミフィケーションの活用

お客様もスタッフも、楽しみながら活用する。

今回、ご提案したカードは、ゲーム要素を盛り込んだものになります。

そのため、お客様にビジネスライクな印象や押し売りのイメージを与えずに、お客様とスタッフが一緒に楽しめるカードになっています。

単純にリスト化された書類や一般的なアンケートは、お客様に警戒心を与えてしまいますが、このカードはそれが生まれにくいのです。

個々の接客スタッフを管理

どこでお客様を逃しているか、個別に管理。

私は、このカードを回収し、スタッフごとにデータを分析します。

個々のスタッフによって、接客スキルや得意分野に差があるために、お客様を逃しているポイントが異なります。それをカードで収集したデータから分析し、個々の接客スキル改善に貢献するサービスを行っています。

お客様とのゲームを通して、個々の接客課題を明確にし、たった1枚のカードで人材育成に貢献します。

最後に:接客スキルを改善する仕組みをつくる

接客営業スキルの改善と人材育成は、多くの企業が抱える大きな課題の1つです。

私は、接客スキルを改善する仕組みをつくることができれば、非常に価値の高いソリューションに成り得ると考えています。

現在、ご協力頂ける企業様を募集しております。初回は、特別価格にてご提供致します。お気軽にご相談ください。
お問い合せをお待ちしております。