レスポンス率アップ!より多くの見込み客をイベント会場へ誘導するポスティング

レスポンス率アップ!より多くの見込み客をイベント会場へ誘導するポスティング

編集長の高橋です。

ポスティング・DMを制作する際、
問題となるのが、開封率・レスポンス率です。
どんなに費用を掛けても、
ユーザーアクションが生まれなければ、何にも意味がありません。

常に、企業も制作会社も、レスポンス率に注目し、
より効果的な方法を模索しています。

ポスティングのレスポンス率をアップさせるには、
いくつかの方法がありますが、
今回は、ビンゴを活用した方法をご紹介します。

レスポンス率UP!より多くの見込み客をイベント会場へ誘導するポスティング

より多くの見込み客をイベント会場へ誘導するポスティング、
ビンゴを取り入れる方法について、3つのポイントから考えてみます。

 1. 目立つ
 2. 捨てられにくい
 3. 参加動機

1. 目立つ

ポスティングのレスポンス率を上げるために、
重要なポイントの1つが、他のDMとは違うと見込み客に思って貰うことです。

つまり、「目立たせる」ということです。

ビンゴというゲームは、日本人にとっても馴染み深いゲームです。
ルールも含めて、大多数の人がビンゴを知っているでしょう。

ポストの中に、ビンゴカードが入っていたら、
「えっ!?」と、みなさん思いませんか?

ビンゴを取り入れることで、まずは見込み客の「えっ!?」を生み出します。

2. 捨てられにくい

通常のチラシやハガキは、一見して捨てられてしまうことが多いです。
それは、その販促物自体に宣伝以外の役割が無いからです。

それに対して、ビンゴの要素を取り入れたツールは、
それ自体が、ゲームへの「参加証」の役割を担います。
それ無しでは、ゲームに参加できません。

宣伝以外の役割を与えることによって、
ツールに対し、別の価値が生み出されます。

一見して捨てられにくいツールで、レスポンス率アップに貢献します。

3. 参加動機

最後に、これが最も重要ですが、
実際に、来場してくれるかどうかということです。

ビンゴの要素を取り入れることで、
3つの参加動機を生み出すことができます。

 ◇ゲーム性:楽しみ、ワクワクという感情
 ◇ビンゴ特典:豪華な景品が当たるかもしれない
 ◇来場特典:行っただけで何か貰える・何か他のイベントが見たい

結局は、景品・粗品の豪華さとイベント全体の価値に依存しますが、
ポイントとしては、それらが高い価値を持っていた場合、
ビンゴというゲーム性によって、ワクワク感が増すということです。

参加動機を促す他の方法として、
抽選会やじゃんけん大会などがありますが、
抽選会は並んで待つ必要があり、
じゃんけん大会は必ず定時に行かなければなりません。

その点、ビンゴゲームは、
全員参加で定時に行うこともできますし、
あるいは、当選番号を掲示する形を採用して、
オペレーション・コストを下げることもできます。

最後に

実際に、20万人規模の見込み客に対してポスティングを行い、
企業の大きなイベントへ集客した実績もあります。
この企業様からは、効果の高さから、
3年連続、ビンゴを採用して貰っています。

そこまで大きなイベントでなくとも、
毎週あるいは毎月行っている定期集客イベントで、
テスト的にビンゴを採用して、効果を検証して頂きたいと思います。

オリジナルビンゴカードの制作は100枚から可能ですし、
今なら、テスト的に活用されたい人のために、
無料でビンゴカードを生成できるサービスもありますので、
是非、チェックしてみて下さい。

【無料】ビンゴカードお試し印刷サービス