絶対に忘れてはいけない、マーケティングの基礎中の基礎

Marketing to LatinosMarketing to Latinos / modern-mami

新年なので、ついつい忘れがちだけど、絶対忘れてはいけない
マーケティングの基礎を皆さんと確認したいと思います。

それは、

「誰に向けて、その情報を発信しているか」

もし現段階で、「誰に」が明確でなければ、
あなたのマーケティングは上手くいっていません。確実に機械損失しています。

これは、数々の失敗を重ねてきた経験から、断言できます。

例えばこのブログは?

このブログのターゲットは、Web販促担当者です。

Webマーケティングのネタ帳的な役割もあるので、
広告代理店の中堅クラスの年齢で、
ソーシャルメディアを活用してよりよい情報を求めている人を考えています。

広告は、特にうっていませんが、最近Facebook広告を活用して
ファンを増やそうと考えています。

Facebook広告の利点は、何歳のどういう人が読んでいるかが
わかるので、ペルソナ設計やターゲッティングがよりしやすくなります。

マーケティングからブランディングへ

もしあなたが、パーソナルブランディングなどを考えている時も
まずは、情報発信をしてみてFacebookでファンを作る。

そのファンの特性をみながら、求められている情報と提供できる情報の
接点をさぐっていく事で、ブランド価値=信頼が高まっていくでしょう

優秀なマーケッターの見分け方

[browsershot url=”http://www.appbank.net/” width=”400″]

もし企業の販促担当者にあったり、会議が有るときは、

「これは、誰に向けて情報発信しますか?」

と聞いてみて下さい。即答できれば、その人は、優秀なマーケッターです。

画像のappbankのように、聞かなくても「iphoneユーザー」
とわかるレベルになれば、最高ですよね

逆に即答できない人がいたら、その会社はかなり危ないです(笑

みなさんの会社の主要サービスは、誰に向けて発信していますか?