価格メリットを明確に打ち出してきたau

written by 高橋慶彦
価格メリットを明確に打ち出してきたau

「もったいな〜い」を伝え続けてきたau。

以前のスマートバリューは、
「もったいない」ということメインに
伝え続けてきます。

キャリーぱみゅぱみゅさんを起用し、
採用したCMソングには、「もったいない」という
言葉が入っています。

そのauがその価格メリットを
更に明確に打ち出してきました。

TVCMでも、auひかり(インターネット光回線)と
auの携帯電話を同時に契約すると、
以前よりも目立つ形で、料金が割引になることと、
その数字を表示するようになりました。

もったいないというイメージを伝える段階から、
明確な数字で伝える次の段階へと移りました。

ここから、更にauの攻めは加速するでしょう。