学生を集客せよ!学割特典を活用した販促事例集

学生や学生が家族にいるファミリー層を集客する上で、
「学割」という特典を提供している企業はたくさんあります。

携帯電話や交通機関から、小さなお店まで、
世の中には、ここまでやるかという学割もあります。

学生を集客するための学割特典

それでは、様々な業種の中から、
実際に行われた学割をご紹介していきましょう。

SNSで話題となった絶叫学割

卒業シーズンに合わせて、富士急ハイランドが行った
学割クーポンを配布する施策です。
非常にインパクトのあるTVCMで話題になりました。

料金は、18〜22%OFFの金額になります。
更に、メルマガ登録をすることで、200円引きになり、
来場促進から囲い込みまで考えられています。

学生も満腹の500円カレー

カレーハウスCoCo壱番屋 学割満腹カレー
カレーハウスCoCo壱番屋 学割満腹カレー posted by (C)B4たかし

カレーハウスCoCo壱番屋が期間限定で行った、
学割満腹カレーです。

500円で、ライス400gとルーの上に、キャベツと、
揚げ餃子・からあげ・特大コロッケから1つ選べるトッピング、
学生でも満腹になれるボリュームです。

学割の価値や割引のお得感を演出する際、
ワンコイン(500円)で買えるかどうかは、
大きなポイントとなります。

ソフトバンクが実施した学割×LINEの組み合わせ施策

“――ソフトバンクさまのCMをテレビで観ない日は無いくらい、非常にマスメディア広告(テレビCMや新聞広告)を活用していらっしゃいますが、なぜLINEマーケティングを加えようと思ったのでしょうか?

SB高橋:きっかけから申し上げますと、学生割引のサービスを始めるにあたり、若い方に訴求効果の高い宣伝を必要とし、LINEを導入しました。これは非常によい結果が出ました。学割の告知に続き、大規模キャンペーンと実店舗に集客するO2Oの告知を行っています。

今は『バリバリバンバンキャンペーン』をやっています(2013年8月21日現在)。携帯キャリアとしては初の「電波に不満があったら返品します」というキャンペーンです。TVCMとあわせてLINEのメッセージでも宣伝し、店頭でマストバイスタンププレゼントをやっています。(マストバイスタンプの詳細はレポート前編参照)

さらに実店舗誘導強化のために、店頭にお越しの方へレトルトカレー「バリバリつなガレー」というノベルティをお配りしキャンペーン認知度を高めました。”

引用:ソフトバンク・マクドナルドも驚いたLINEマーケティング効果!『Hello, Friends in Tokyo 2013』レポート(後編)

学割や割引特典の注意点

エステ・美容系でも、学割を提供してる事例を見ますが、
これらの多くは、継続的な契約を前提としている場合が、
非常に多い印象を受けます。

お客様に対して、価格メリットを提示することも大切ですが、
何よりもお客様のために、誤解の無い、
分かり易い表記をすることが、結果的には、
お客様満足度を向上させ、売上アップに繋がると考えます。

最後に

購入者・契約者が学生本人である場合、
学生という特性を考えれば、様々なSNS・WEBサービスを活用し、
バイラル効果を高めることも1つの方法です。

女性10代で73.0%、女性20代で64.8%の利用率であるLINEや、
6秒という短い動画を投稿共有できるVineなどは、
学生というターゲットにマッチしていると思います。

是非、様々なツールと組み合わせながら、
学割特典を活かした集客を実現して下さい。