Facebookマーケティングで忘れてはいけない事

スクリーンショット 2013-01-06 10.54.03

Facebookマーケティングで1番の成功事例は、無印良品のFacebookページだと思います
顧客とのコミュニケーションを重視し、過去には、顧客の声を活かして
即商品化につなげたという例もあります。

Facebookは、接触時間が多く、多く接した人を好きになるという
ザイオンス効果があります。

Facebookマーケティングの3ステップ

まずは、ページを開設しましょう。
Facebookの開設については、こちらのページによく説明があります。

画像を使って、ユーザーと接する


Orange Crush cupcake / kristin_a (Meringue Bake Shop)

ページを解説したら、自分の会社のサービスを表現する画像をアップロードしましょう。
この時に大切なのは、いろんな情報を含んでいる画像を入れるよりも
直感に訴えるインパクトがある画像を選ぶことが大切です。

しずる感も意識したいですね。

また、画像のコメントに、ユーザーに問いかけるような内容があると
ユーザーからのコメントが誘発できて良いですね。

ユーザーと会話する


facebook / Sean MacEntee

最初は、知人友人からファン数を増やして行きましょう。

ファンがコメントやいいね!を残してくれたら積極的に対応していき
ファン数を少しずつ増やしていく事が大切です。

1000人の無関心なファンより、興味関心がある1人のファンの方が大切です。
ロイヤルカスタマーを増やして行きましょう!

オンラインからオフラインへ


Lenovo Facebook event_020 / TAKA@P.P.R.S

ファンが増えてきたら、良いタイミングで、ファンとの交流イベントを行いましょう。
企業にとって、自社のサービスに興味関心があるユーザーとの対話は非常に大切です。

ここから新サービスが生まれてくる可能性を考えると安い投資です
必ずユーザーにとってメリットがあるイベントにしましょう。

まとめ

当社のFacebookページも下記から、いいね!を押す事ができますが
この3つのステップを意識することで、確実にファンが増えています。

わかりやすく、シンプルに、誠実に対応する

カスタマー・リレーションズの基本中の基本が
インターネットを活用して行えますので、非常に重要です。