販促担当者に知っておいて欲しい、展示会でより多くの見込客と接点を持つ3つのポイント

販促担当者に知っておいて欲しい、展示会でより多くの見込客と接点を持つ3つのポイント

編集長の高橋です。

展示会・見本市での販促ツールについても、
多くの方からご相談を頂きます。

そのご相談の中で、お客様から感じた、
展示会で重要となる「より多くの見込客と接点を持つポイント」について
3つの観点から考えていき、ここ数年、多くのお客様が利用されている
販促ビンゴカードについてご紹介します。

展示会でより多くの見込客と接点を持つ3つのポイント

たくさんの人が来場する展示会・見本市は、大きな販路拡大の機会です。
しかし、同時に多くの競合が存在する場所でもあります。

そこで、自社のブースに見込客を集め、その後の成約に繋げるために、
ここでは、3つのポイントをご紹介します。

 1. 事前コンタクト
 2. 集客施策
 3. 商品訴求

1. 事前コンタクト

展示会を主催・運営されている企業の担当者に、以前お話を伺った際、
展示会でいかに集客できるか、成約できるかは、
展示会が始まる前のアクションで大きく変わると聞きました。

まず、原則的に、主要なターゲットや見込客には、事前にアポを入れます。
当たり前のことだと思うでしょうが、ブース出展経験が浅いと、
黙っていても人は来てくれると思っている人もいます。

確実なアポがあれば、時間を調整し、
より成約確度の高い見込客に時間を費やす事ができるので、
その後の成約率アップに繋げることができます。

このアポを取った後、DMや直接お会いして、
展示会の資料や招待券をお送りする場合がありますが、
その時に、ビンゴカードを活用します。

事前に、何時頃に行いますとお伝えできれば、
参加してくれる可能性も高まりますし、
オリジナルのビンゴカードは、それ自体が話題のきっかけとなり、
周囲の人への口コミも期待できます。

2. 集客施策

さて、展示会の当日、
いかに自社のブースへ来場して貰えるかが勝負です。

集客施策として、多くの企業が活用するのが、
抽選会、イベントコンパニオン、サンプリング、ノベルティなど、
様々な方法で、集客を行います。

集客施策ですが、大きく2つの方法に分類して考えてみます。

 ◇集団型:ビンゴ、抽選会、セミナー
 ◇マンツーマン型:ノベルティ、サンプリング

この内、会場を盛り上げて集客するタイプが、ビンゴと抽選会です。
この2つの内、どちらかであれば、ビンゴをオススメしています。

オリジナルで、ビンゴカードを作る事により、
商品やサービス、企業やブランドをそのカード自体で訴求する事ができる上、
展示会場が非常に盛り上がります。

また、海外での展示会でも、
ビンゴというゲームは認知度が高く、活用する事が可能です。

3. 商品訴求

上記で挙げたような集客施策の中で、
実際に、商品訴求に繋がる方法の代表としては、
セミナー、サンプリング、ノベルティが挙げられます。
当然ながら、内容については吟味する必要があります。

一方で、意外かもしれませんが、
ビンゴカードも商品訴求を実現する事ができます。

オリジナルビンゴカードを活用すると、
通常の数字をランダムに配置する代わりに、
画像や文字をランダムに配置する事ができます。

商品画像、営業マンの顔写真、イラスト、キャラクター、
商品名、サービス名、商品の特長など、
画像や文字をランダムに配置することで、商品・ブランドを訴求できます。

更に、スクリーンに写す、または、大きく印刷された抽選結果を見せ、
ユーザーにビンゴの穴を空けて貰う際、
司会の方が、その画像やキーワードの説明をすることで、
見込客に、商品・ブランドを更に理解してもらう事が可能です。

最後に

実際に、上記のような方法で、
多くの企業様が展示会で活用された実績があります。

展示会は、小規模なものから大規模なものまでありますので、
100枚から制作することが可能になっています。

今なら、テスト的に活用されたい人のために、
無料でビンゴカードを生成できるサービスもありますので、
是非、チェックしてみて下さい。

【無料】ビンゴカードお試し印刷サービス