実店舗やイベント会場における営業・窓口担当の課題

written by 高橋慶彦
thumbnail

実店舗やイベントを運営する企業は、
集客し、その中から確度の高い見込み客を抽出し、
そして、成約するに至るまで、いくつかの課題を抱えています。

 課題1:人材の育成
 課題2:データの蓄積と改善
 課題3:オペレーションの仕組化

営業・窓口担当の成約率は、個々の能力に依存している部分が
まだまだ多く残されています。
データを収集し、過去の対応に基づく改善を行うというフローを
仕組み化できるかどうかは非常に重要なポイントです。

一定基準のマニュアルと仕組み化を行った上で、
個別の顧客対応の質を向上させることで、
成約率をアップさせながら、顧客満足度を上げることができます。

特定の営業・窓口担当に「なんで、売れないんだ。」と悲観する前に、
「誰でも売れる仕組みづくり」を考える方が建設的です。