特産品の販路開拓で、モノを売らない。

shutterstock_132423299

世の中は、良いモノだらけ。

東北の魅力を世界に伝える」を使命に、毎日東北の情報を発信しています。また、日本全国、地元の美味しいものを食べ歩いています。

その経験を通じて感じたことは、日本中、良いモノだらけだということです。

特産品の販路開拓で、モノを売らない。

これは、日本という国全体にとっては大変良いことです。それだけ、豊かな国であると言えます。

ただ、考えてみてください。それだけ良いモノがたくさんある中で、特定の地域の特産品が消費者から選ばれるということは大変なことなのです。

モノを売れば、必ず他の産地の商品や他の種類の商品と比較されます。市場に左右される状況では仕方のないことです。

では、モノを売るのを止めて、生産者自身の魅力を伝えたらどうでしょうか。

その生産者が暮らす土地がどんな場所か、なぜ生産者になったのか、なぜ今の生産を続けているのか、どんな未来のために働いているのか。

ミッションやビジョン、地域や特産品に対する想い、日々の行動の積み重ねを伝えることで、生産者のファンをつくることができるかもしれません。

そうなれば、もう比較されません。どの特産品を買うかではなく、どの生産者から買うかと、消費者に考えてもらいましょう。

満足できる品質は最低条件

とは言え、消費者が満足できる品質を維持・向上することは、選ばれるための必須条件です。

品質を最低条件と捉え、あなたのブランドをつくり上げてください。