ユーザーがより楽しい環境で、より効率良くアンケートを取得する販促手法とは?

ユーザーがより楽しい環境でアンケートを取得する販促手法とは?

編集長の高橋です。

企業にとって、お客様の声を聞くということは、非常に重要です。
また、営業窓口としては、どの見込客がより成約確度の高い方かを
見極める事ができれば、営業効率と成約率をアップさせることができます。

そのため、イベントを行った際には、
営業マンは、来場者に話しかけ、どういう方かヒアリングし、
受付の人は、来場者にアンケートをお願いします。

さて、今回は、ユーザーがより楽しい環境で、
より効率良くアンケートを取得する販促手法について考えてみます。
意外かもしれませんが、その鍵は「ビンゴ」です。

従来のアンケートはつまらない

さて、このアンケートですが、
ユーザーにとっては、特に楽しくありませんし、
場が盛り上がるわけでもありません。地味な作業です。

場合によっては、その後に貰えるノベルティが、
面白いものであれば、多少話題にはなるかもしれませんが、
そういうノベルティもそうそう見ません。

今回考えるのは、この地味でつまらない作業を
ゲームで楽しくしてしまうという施策です。

集客とアンケートの両方を実現するツール

最近、多くの企業の方に、
ビンゴカードをこの手法のためにご利用頂いています。

通常は、ペンで丸を付けたり、記入したりするアンケートですが、
このカードでは、ユーザーが選択して、設問を選び、
ビンゴカードのように、穴を空ける方法を採用します。
これによって、ペンの配布・回収が不要なアンケートを実現できます。

さて、ここで、更にビンゴの要素を融合させます。
例えば、5×5=25マスの内、3〜5個のマスをアンケートに使用し、
残りの部分で、ビンゴゲームを行います。

言ってみれば、「FREE」が複数存在し、
その「FREE」の穴を空けられる人が、特定条件の人に限定された状態です。

ユーザーがより楽しい環境でアンケートビンゴカード

イメージとしては、このように、
数字と文字の方法で作られたビンゴカードとなります。

つまり、このビンゴカードは、
ビンゴゲームを行うことで、ユーザーに楽しんで貰いながら、
会場を盛り上げる事ができる集客ツール
複数の見込客に対して、同時に調査できるアンケートツール
の両方を役割を果たす、非常に効率の高いツールと言えます。

最後に

実際、この仕組みを応用し、店頭でのキャンペーンを
毎月行っている企業のご利用実績もあります。

今なら、テスト的に活用されたい人のために、
無料でビンゴカードを生成できるサービスもありますので、
是非、チェックしてみて下さい。

【無料】ビンゴカードお試し印刷サービス