B級グルメをどう定義する?

written by 高橋慶彦

B級グルメという言葉は、
いつから使われるようになったのでしょうか?

「B-1グランプリ」の開催以降、最近ではどちらかというと、
ご当地グルメの要素が強くなっている印象です。
私の地元の秋田県横手市でも「横手やきそば」が有名です。

最近では、きりたんぽと同じぐらい、
「横手やきそばの秋田県横手市」と連想されるまでになりました。

ところで、そもそも「B級グルメ」の定義はなんでしょうか?
どうも、曖昧です。

まず、「B級グルメ」と「B級ご当地グルメ」を
使い分けようと思います。

単純に「B級グルメ」と言えば、
低価格で日常的に食べられるものを指すと考えられます。

「B級グルメ」という言葉が使われ始めたのは1985年かららしいです。
参考:NEWS ポストセブン

その後、2006年に青森県八戸市で、
「B-1グランプリ 第1回」が開催され、毎年1回行われています。
この動きは、B級グルメと言う切り口からの
地域活性化が注目される1つのきっかけとなりました。

「B級ご当地グルメ」には、
「B-1グランプリ」を見据えて、新たに作られたメニューも多く、
その点において、批判もあるようですが、
地域の食材(=資産)を活用し、地域活性化に繋がるのであれば、
私は、何も問題も無いと考えています。

むしろ、そこから新たか産業や文化が芽生えるのであれば、
歓迎すべき状況ではないかと思います。

「B級ご当地グルメ」を中心的に、
人と人、人とお店の交流が生まれるサービスを作りたいと考えています。
テストマーケティングを始めます。まずは、行動することが重要です。