【販促印刷FAQ】なぜ、RGBをCMYKに変換して印刷をするのか? 色のくすみと対策

【販促印刷FAQ】なぜ、RGBをCMYKに変換して印刷をするのか?

私が印刷会社で運営している印刷ネット通販サイトには、様々なご相談や質問が寄せられます。

今回のブログでは、印刷とデータ作成において大きな課題の1つである、RGBとCMYKについて考えてみましょう。

画面で見ているよりも印刷したら色がくすむ?RGBとCMYKのカラーマネジメント

画面で見ているよりも印刷したら色がくすむ?RGBとCMYKのカラーマネジメント

まずは、基礎的な部分を復習してみましょう。

□RGB:Red(赤)・Green(緑)・Blue(青)
□CMYK:Cyan(シアン)・Magenta(マゼンタ)・Yellow(イエロー)・Key(通常は墨)

RGBは、光の三原色です。PCやTVのモニタ、照明など、加法混合という方法で色を作る際に使用される考え方です。このRGBを全て合成すると白色の光となり、色を重ねてもくすみ(色の沈み)は生まれません。

それに対して、CMYは、印刷などで使用される基本の色となり、減法混合という方法で色を作る際に使用される考え方です。このCMYを全て混ぜると黒に近づき、色を重ねるとくすみ(色の沈み)が生まれます。絵の具を混ぜると、どんどん色が汚くなるのと同じです。

まず、PCでデザインをしたり、デジカメで写真を撮影すると、データはRGBで表現されていますが、それをオフセット印刷する場合、通常はCMYKに変換する必要があります。

ここでいくつかのポイントがあります。

□紙に印刷する場合は、原則的に減法混色
□RGBをCMYKで100%表現するのは不可能
□CMYK変換による色の変化と対策

それでは、個々について見ていきましょう

紙に印刷する場合は、原則的に減法混色

原則的に、印刷物はそれ自体が発光していませんので、減法混色を採用することになります。

印刷物に光があたった際、印刷されたインキによって、一部の波長の色が吸収され、また、一部の波長の色が反射されて、私たちの目が反射された光の色を認識する仕組みになります。

シアンは、赤の光を吸収し、その他の光を反射します。マゼンタは、緑の光を吸収し、その他の光を反射します。イエローは、青の光を吸収し、その他の光を反射します。このシアン・マゼンタ・イエローを特定の配合比で組み合わせ、網点の状態で印刷することによって、私たちは様々な色を認識することになります。

故に、印刷では、RGBという光の三原色ではなく、CMYKを使用することになります。

ただ、いくつか例外は存在します。CYMのような減法混色の場合、混ぜれば混ぜる程、色がくすんでいきますので、特色と呼ばれるものを使用することがあります。

CMYKはプロセスカラーと呼ばれますが、この4色の混合では再現できない色が存在します。それを再現するために、予め調合されたインキ(特色)を使用する印刷のことを特色印刷と呼びます。これには、蛍光色やメタリックカラーなども含まれます。

RGBをCMYKで100%表現するのは不可能

ここで、販促ツールとして印刷物を制作する際の注意点があります。

それは、CMYKで製造された印刷物では、モニタで見たRGBの鮮やかさを再現し、RGBの色の領域を100%カバーすることは不可能だと言うことです。少なからず、色はくすみ、変わります。

ここには、大きく2つの課題が存在します。

□データの色変換の課題
□インキの色再現性の課題

データの色変換の課題

こちらの画像は、RGBの画像をAdobe Photoshopで単純にカラーモード変換(RGB→CMYK)した際の変化を見るための比較画像です。右側のCMYKの画像を見て頂くと、色がくすんでいるのが分かると思います。

まず、画像データをCMYKに変換する際、この色の変化が極力起きないように調整する作業が必要になります。

そして、次にポイントとなるのが、使用する印刷インキです。使用するインキによって、表現できる色の領域に差が生まれてしまいます。画面で見ても、データ上でこのぐらいの差が生まれていますが、印刷すると更に違う状態になってしまいます。(上質紙のような非塗工紙の場合、色の沈みは更に大きくなります。)

CMYK変換による色の変化と対策

では、この色の変化はどうにもならない問題なのでしょうか?

結論から言うと、「全く変化無し」という状態は基本的に不可能です。しかし、色の変化を最小限に止める方法はいくつか考えられます。

□PCモニタのキャリブレーションを行う
□カラープルーフ用出力機のカラーマネジメントを行う
□カラープロファイルを統一する
□広い色域を持つインキを使用する
□OrangeとGreenの2色を追加した6色印刷を行う

【参考記事】

なぜ必要?モニターのキャリブレーション | EIZO株式会社
 高性能で安定した色再現に定評があるモニタを提供する、EIZOがモニターのキャリブレーションについて解説してくれています。

Japan Color認証制度とは|Japan Color認証制度
 Japan Color認証制度は、ISO国際標準に準拠し、日本のオフセット枚葉印刷において「Japan Color」を印刷色の標準として考え、それに対応している企業を認証する制度です。

色の再現性は永遠のテーマ|クリエイターズ広場|OKIデータ
 プリンタメーカーのOKIが印刷の基礎知識を解説しているページです。TOYO INKの「kaleido(カレイド)」やDICの「湧水(ワキミズ)」のように、広い色域を持つインキも紹介されています。

□失敗しないステッカー印刷も過去記事でチェック↓↓
【ハウツー】失敗しない!初めてのオリジナルステッカー印刷のチェックリスト50まとめ

最後に:状況と販促ツールに応じて考えよう

大量に、無作為にばらまくチラシに関しては、色に対する最低限の配慮が必要とは言え、印刷費用を優先される方(安い方が良いとされる方)が多いでしょう。

それに対して、ポスター・パンフレット・カタログに関しては、色も非常に重要です。ブランドイメージ・製品の価値などを見る人にきちんと伝えるには、色というデザイン要素が大きな力を持つことになります。

状況と販促ツールに応じて、しっかりと色についても考えていきましょう。

販促印刷FAQをシェアしよう!

facebookでシェアする Twitterでつぶやく