イベントで集客した見込み客をコンバージョンさせる販促ツール

イベントで集客した見込み客をコンバージョンさせる販促ツール

オリジナルビンゴカードという販促ツール?
集客と販促の両方を実現する潜在能力

先日から自社ECサイトのベータ版を公開したとブログで何度か書いているが、
そのECサイト自体については、あえて言及してこなかった。

そのECサイトは、オリジナルのビンゴカードを作成できるサイトである。
ECサイト:ビンゴカード.jp

まだベータ版でこれから少しずつ、改修を行っていくが、
私は、このビンゴカードというツールに大きな魅力を感じている。

ビンゴカードを販促ツールとして、企業に活用して貰うこと目指す。

ビンゴ大会による集客ツールでは終わらない、販促ツールとしてのビンゴカード

集客ツールとは、見込み客を集めることを目的としたツールだが、
そこで終わっては、ツールの費用対効果は非常に低い。

見込み客に、何らかの次のアクションを行って貰ってこそ、
費用を掛けて、ツールを作る意味がある。

例えば、商店街やショッピングモールで、ビンゴ大会をしたとする。

ビンゴ大会で、仮に集客できたとしても、
市販の既製品のビンゴカードは、ビンゴ大会が終わると単なるゴミになってしまう。

そこで、オリジナルで作ると、何ができるのか?

まず、ビンゴカードにクーポンを付けることができる。
これにより、商店街やショッピングモールへの再来店を促進できる。

また、通常の数字を使ったビンゴ大会を行う代わりに、
ビンゴカード内に店舗名をランダムに配置し、
来店した際に穴を抜けるようにすれば、
ビンゴゲーム自体が、スタンプラリーのように来店・販促に繋がる。

このように、従来の取り組みを少し見直すだけで、
集客・販促ツールの費用対効果を向上させることができる。

企業のプロモーション担当・販促担当・マーケティング担当の方にとって
少しでも参考になれば幸いである。