ウエディングビンゴカードはどこまでお客様に受け入れられるのか?

written by 高橋慶彦
thumbnail

過去2年間、オリジナルビンゴカードの制作を行ってきた中で、
個人のお客様から、結婚式の2次会用のビンゴカードのご注文を
頂くことがありました。

お客様から直接ご注文を頂くこともありますが、
現在は、2次会代行会社様と共に、サービスを提供しています。

結婚式2次会のビンゴカードにおいて、
課題は、金額と付加価値のバランスです。
現状では、金額以上の付加価値を十分に提供できていません。

オリジナルのビンゴカードは決して安くありません。
カードにお金を掛けるより、ゲームの景品にお金を掛けたいと考える方がいて
その方にとっては、カードの価値は低いと言えます。

まず、前提として、カードを会費で考えるのではなく、
新郎新婦の実費、披露宴の延長線上として、
お二人の一生に一度の大切な日を演出するツールとして、
どこまでその価値を訴求できるかどうかが課題です。

販売代理店様と大手ウエディングメディアと協力し、
この実現に向けて動きたいと思います。