ステッカー印刷が難解すぎる問題

ステッカー印刷が難解すぎる問題

みなさんは、ネット印刷を注文されたことがあるでしょうか? 現在、「○○ 印刷 激安」という印刷サービスが多数存在します。

きちんと印刷するためには、以下の2つを行う必要があります。

□用紙・刷色などの仕様を選択
□厳しいルールを守ってデータを入稿

これは、印刷に精通していない方にとって難しい作業です。そして、チラシやパンフレットなどの一般的な印刷物より、ステッカー印刷は更に難解です。

何が、ステッカー印刷を難解にさせているのでしょうか?

ステッカー印刷が難解すぎる問題

ステッカー印刷が難解すぎる問題

そこには、大きく3つの原因があります。

1:サイズが自由
2:サイズで金額が変わる
3:オプションが多い

ステッカーには、基本的にA4やA3のような定型サイズが存在しません。また、厳密に計算すると、サイズ・形状・オプションに応じて金額が変わります。

その結果、Webサイトが複雑化し、データ入稿時に守らなければいけないルールも増え、難解になっています。

ステッカー印刷をもっとシンプルに

ステッカー印刷をもっとシンプルに

ステッカー印刷をもっとシンプルにすれば、ユーザーに優しいサイトを作ることができます。

1:サイズ・形状・加工の選択肢を減らす
2:注文完了までの画面遷移数を減らす
3:入稿用テンプレートを改善する

ステッカーを印刷したいけど、簡単に注文できなくて諦めているユーザーもいるはず。改善すれば、顧客から喜ばれ、注文は増えます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
カラー名刺印刷1000円以下、10年後どうなる?

最後に:ステッカー印刷は消える?

ステッカー印刷は、将来消えるでしょうか?

例えば、Mac Bookの表面にステッカーを貼ったりしますよね。あのステッカーを貼るという行為を何かで代替できるかなと考えてみました。できない気がします。

お金を掛けずに別の方法で、ユーザーがMac Bookの表面を自由にカスタマイズできるようになれば、変わるかもしれませんが。

印刷にも、消える印刷と残る印刷があります。ステッカー印刷業界の皆さん頑張って下さい。