【無料便利ツール】写真画像の解像度チェック:印刷データ入稿

写真画像の解像度チェッカー:印刷データ入稿

【悩み】
印刷用のデータを入稿しようとしたら、「解像度が足りないため、鮮明に印刷できません。」と言われました。解像度と言われても、よく分からないのですが、どのぐらいのサイズ・画質であれば、印刷に適していると言えるのでしょうか?

写真画像の解像度チェック

便利ツールを無料公開

 □印刷サイズ: mm

 □解像度: ppi

 ※印刷物:300〜400ppi

 ■必要なピクセル数は 0 px です。

【使い方】
1:印刷サイズを入力
  ※縦か横のサイズ(単位:mm)
2:必要なピクセル数が表示されます

「印刷サイズ」に、写真画像の縦か横の印刷サイズを入力してください。
入力すると、必要なピクセル数が自動計算される仕組みになっています。
※必要に応じて、解像度も修正してください。

【免責事項】
本ページのご利用は、ユーザー様各自の責任において行なってくださいます様、お願い致します。どのような状況でも、トラブル・損害等に対して、当方では一切の責任は負いかねます。予めご了承の上、ご利用をお願い致します。

写真画像の解像度と印刷に必要なピクセル数

原寸サイズで、300〜400ppiが必要。

印刷を行う場合は、ある程度、高い解像度の写真画像が必要になります。解像度が低いと、粗くなってしまい、鮮明に印刷できません。

具体的な数値としては、原寸の状態で、300〜400ppi(理想は350ppi〜400ppi)の解像度が必要になります。

しかし、ある程度の知識やPhotoshopなどの画像処理ソフトを持っていないと、そのような解像度の数値を言われても、よく分かりません。

そこで今回は、誰でも簡単に必要なピクセル数をチェックできる便利ツールを公開しました。

写真画像のピクセル数の確認方法

Macでは、「情報を見る」で画像のピクセル数を確認できます。Windowsでは、画像ファイルにマウスオーバーすることで、ピクセル数を確認できます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
【ハウツー】失敗しない!初めてのオリジナルステッカー印刷のチェックリスト50まとめ

最後に:印刷のデータチェックは慎重に

印刷は、作業を開始してしまうと取り返しがつきません。品質・納期で、トラブルが起きない様、事前にしっかりとチェックすることが重要です。

成果に繋げる印刷物を制作するために、データ入稿時はご注意ください。