評価される、提案書の書き方:必要な5つの思考

thumbnail

なぜ、この提案書はダメなの?

ビジネスでは、提案書・企画書・プレゼン資料などを通して、相手を説得する力が求められます。あなたの提案書は、上司やクライアントから評価され、成果に繋がっているでしょうか?

成果が出ていないとすれば、それはなぜでしょうか?

提案書の書き方・作り方

成功者に学ぶ、5つの思考。

成功者に学ぶ5つの思考

世界中の専門家が執筆した書籍や成功者が作成した提案書・企画書の事例を参考にし、自ら実践の中で試行錯誤しながら研究してきました。

評価される提案書の書き方・作り方を追求するためには、5つの思考が重要です。

1:相手思考

主役は、依頼者。

相手思考

依頼者は、あなたの一方的な話など聞きたくありません。

どんなにオシャレにまとめても、どんなに専門用語を並べても、どんなにデータを揃えても、依頼者へ大切なことが伝わらなければ、何の意味もありません。

【取るべき行動】
□依頼者の立場を理解する
□依頼者の知識量を把握する
□依頼者の目的を追求する

2:本質思考

目的の本質。

本質思考

本質を理解しなければ、依頼者の利益に貢献できません。

依頼者には、必ず目的が存在します。それは、課題を解決することです。課題解決を実現するためには、真に課題を理解する本質思考が求められます。

【取るべき行動】
□表面的な現象の裏にある、本質を追求する
□要素とその因果関係をシンプルに考える
□長期的視点で、影響を及ぼす要素を見極める

3:問題解決思考

顧客価値の創造。

問題解決思考

問題を解決できなければ、依頼者へ価値を提供できません。

深く考えず、目先の対策に飛びついてはいけません。依頼者の利益に貢献したいと本気で考えるならば、「問題解決の3ステップ」を理解することが大切です。

【取るべき行動】
□対策案(HOW)だけを考えない
□問題はどこか、合意を取りつける
□最低5回は、「なぜ」を繰り返す

4:論理思考

ロジカルシンキング。

論理思考

説明が論理的でなければ、依頼者は容易に納得できません。

何が重要なのか、なぜ重要なのか、どんな根拠があり、どのぐらいの効果が生まれるのかを依頼者が容易に理解できなければ、あなたは評価されません。

【取るべき行動】
□大切なことは、最初に伝える
PREP法を採用し、ストーリーをつくる
□3部構成で、話を組み立てる
 (参考:プロに学ぶ、30秒で伝える力

5:シンプル思考

簡潔に、より良く。

シンプル思考

情報が無駄に多いと、依頼者の理解度は低下します。

本当に大切なことは、非常に少ないのです。依頼者に納得して貰うため、シンプルを追求しましょう。「本質を伝える技術3ステップ」を参考にしてみて下さい。

【取るべき行動】
□全て書き出し、分類する
□思い切って、50%削ぎ落とす
□最も大切なことを30秒で説明する

□こちらの記事もチェック↓↓
プレゼン資料の作り方7カ条
提案書の書き方:必須7項目

最後に:運営管理も大切

今回お伝えした「5つの思考」に基づき、提案書を書き進めた後、依頼者に対して「運営管理」についても伝える必要があります。

□運営・管理体制
□スケジュール
□費用
□リスク

依頼者の目的を達成し、成果に繋げるため、共に改善を続けましょう。