shutterstock_439214011

ブランドで選ばれるプレゼン資料の作り方

選ばれる存在になるために 企業として、プレゼンテーションを求められる機会はたくさんあります。多くの人が、「どうやったら、売れるか」を考えてプレゼンテーションをしているでしょう。 もちろん、それも間違いではありません。しかし、それは競合との熾烈な戦いの中で苦しむ方法です。 ブランドで選ばれるプレゼン資料 品質・仕様・価格・サポート体制・特典などは、成約率を高める上でもちろん重要です。 ...
shutterstock_314041658

チームづくりで大切な3つのこと、起業家・幹部人財育成

1人で戦う限界 今までにない何か新しいことを生み出し、社会をより良くすることを目指すのであれば、仲間と共にチームで取り組む必要がある。 起業家や事業リーダーとして、1人で戦うには限界がある。 チームづくりで大切な3つのこと チームづくりを実現するためには、求心力を持ったリーダーの存在が不可欠だ。 起業家・経営幹部が、そのようなリーダーになるためには、3つのことが重要となる。 ...
shutterstock_257340325

リーダーに必要な3つの資質、起業家・幹部人財育成

考え方 × 熱意 × 能力 京セラ・ 第二電電(現・KDDI)創業者である稲盛和夫氏は、人生・仕事の結果は「考え方 × 熱意 × 能力」で表すことができると伝えている。 これは、起業家・幹部人財を育成する上でも、非常に重要なポイントとなる。 リーダーに必要な3つの資質 私はこれまで、成長し続ける起業家の方々と数多く出会ってきた。 その経験シェアを基に、独自の視点から「考え方 × ...
shutterstock_527307331

評価軸はミッションへの貢献、企業ブランドと人財育成

企業のブランドづくり 企業のブランドづくりにおいて、最も重要なのは「人」である。 どんなに素晴らしい理念・ミッション・ビジョンが掲げられていても、企業の実態をつくりあげる「人」がそれを目指した行動を起こし続けない限り、企業のブランドづくりは成功しない。 企業ブランドと人財育成 そのため、人財をどう採用するか、そして、どう人財を育成していくかが、企業にとって重要なのである。 人財育...
numakura-DSC_0785-

リーダーとして想いを伝える。幹部人財を必要とする地方

□画像:一の彩 マネージャー 沼倉氏 リーダーの大切な仕事 少子化・若者の流出により、地方では起業家・後継者・経営幹部などのリーダー人財が不足している。 2017年3月11日、人財不足の課題を抱える企業・地域と、新しい働きがい・生きがいを求めている首都圏の若者を繋げようと、東京・渋谷で秋田県主催のイベントが開催された。 幹部人財を必要とする地方企業 今回のイベントでは、幹部人財や後継...
shutterstock_348905468

誰にでもできるけどやらない、継続発信でブランドづくり

継続することの重要性 ビジネスにおいても、個人の活動においても、継続することは非常に重要である。 そして、それを分かっていながらも、多くの人が実現できない。 誰にでもできるブランドづくり 自分自身への戒めを込めて書くが、毎日何かを続けるという非常に単純なことが人はできない。 忙しい、急な用事ができた、病気になった。できない理由を考えれば、いくらでも挙げることができる。そして、多く...
shutterstock_186583571

顧客の声を聞くことの重要性、地域と消費者を繋ぐ

商品を選ぶのは消費者 どんなに作り手が良いと思っていても、売れるかどうかは別問題である。 そもそも、日本中・世界中に良いものは溢れている。たくさんある競合商品の中で、消費者から選ばれなければ、モノが売れることはない。 顧客の声を聞くことの重要性 まず、モノを売ろうとする前に、顧客となり得る人たちに自分や地域のブランドをしっかり伝える必要がある。 □どのような歴史や背景があるか ...
shutterstock_347914211

ビジネスモデルで重要な5つの指標:起業家育成

ビジネスモデルで全て決まる 起業しよう考えた際、あるいは、新規事業を立ち上げようと考えた際、多くの人が事業計画書を書こうとする。 その際、ビジネスモデルをどう構築するかで、その後の展開がほぼ決まってしまうと言っても過言ではない。 ビジネスモデルで成長性が決まる どのようなビジネスモデルを構築するかで、企業の成長性はほぼ決まってしまう。 これは、圧倒的な成長を遂げている多くの起業家...
shutterstock_200447939

地域の人と消費者をつなぐ、ブランドとファンづくり

モノが売れない時代。 日本全国・世界中、美味しいもので溢れている。特に、日本においては、実店舗でもネットでも、どこでもいつでも美味しいものが買える時代だ。競争も激しい。 結果、単にモノを売ることは難しくなっている。 地域の人と消費者をつなぐ、ファンづくり 消費者にしてみれば、美味しいのは当然。その上で、どれが最もコスパの良い商品かを選ぶ人も多い。 スマホを通じて、常に商品や企業を...