何がKawaii? 何がNot Kawaii?:写真 × O2O を考える

何がKawaii?何がNot Kawaii?
Harajuku Kawaii by vsmak350

販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。

何がKawaii? 何がNot Kawaii?

Kawaiiについて考えていたら、1つの記事を見つけました。

日本のかわいい文化についてあなたが知らない5つの真実
– Japan Real Time – WSJ
(Wall Street Journal‎)

Manami Okazaki氏は、記事の中で、
「かわいいをめぐる一般的な誤解に反する5つの事柄」を挙げています。

1. かわいいは完璧さについてではない
2. かわいいは新しいものではない
3. かわいいはセクシーとは違うと考えられる
4. かわいいは静止したものではない
5. かわいいは日本に限られていない

Kawaiiには、Cuteの直訳では補えない何かがあります。

私は、やはり、「かわいい」の語源に、その理由の1つがあると感じています。

“かわいいは、元は「不憫だ」「気の毒だ」といった意味を表す語で、その意味を受け継いでいる言葉には「かわいそう」がある。かわいいは「かはゆし(かわゆし)」の形で中古から見え、「かほはゆし(顔映ゆし)」→「かははゆし」→「かはゆし」という変化をした語と考えられている。「はゆし(映ゆし)」は「まばゆし(目ばゆし)」が「目を開けていられない」ことを表すように、身体に変調をきたすような感情や事態を示す語である。「かほはゆし(顔映ゆし)」も「顔を向けていられないほどである」といった意味で、そこから「気の毒で見ていられない」「不憫だ」といった意味が派生した。
「かわいい(かはゆし)」が「気の毒だ」から正反対の「愛らしい」の意味に転じたのは中世後半からで、その理由については明らかになっていないが、小さい物や弱いものに対して手を差し伸べたくなる感情と、気の毒で見ていられないという感情は近いものがあり、「気の毒だから助けてあげたい」→「愛らしい」というように意味が転じたものと思われる。”
引用:可愛い(かわいい) – 語源由来辞典

美しいには届かない、美しいとは違うが、あるいは、それ故に、
愛でたくなる対象に使用するという、ニュアンスが含まれていると感じます。

そして、日本人は、この不完全であるはずの「かわいい」感性すら、
時間を掛けて、徹底的に追求してきたのではないでしょうか?

それが、近年になって、
原宿ファッションやきゃりーぱみゅぱみゅさん、
あるいは、アニメキャラクターやコスプレという形で、
世界からの高い評価を受けることに繋がっていると考えます。

確かに、完璧さは無いのかもしれません。
しかし、進化しながら洗練され続ける世界観が存在します。
そして、その世界観が、世界の標準的な価値観を突き抜けるレベルまで、
今、Kawaiiは進化を遂げたのだと考えます。

アプリやWEBサービスでも、Kawaiiの可能性は、
大いにあると考えています。研究を続けます。