2017年度には50兆円規模まで成長するO2O市場:アパレル × O2O を考える

2017年度には50兆円規模まで成長するO2O市場

出典:O2O市場とO2Oソリューション(NRI Knowledge Insight)

「販促ツール」として、「販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。
アパレル業界を中心に、アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。

2017年度には50兆円規模まで成長するO2O市場

株式会社野村総合研究所によると、
2011年度の時点で、24兆円の規模と推計されるO2O消費の市場が
2017年度には50兆円規模まで成長すると予測しています。

また、その要因として、スマートフォンの普及、
SNSの普及、施設内の無線LAN環境の拡大を挙げています。

参考:O2O市場とO2Oソリューション(NRI Knowledge Insight)

スマートフォンと高速通信回線の普及により、今よりも更に、
より多くのユーザーが、外出先でWEBサイトやアプリなどから
情報を収集するようになり、それが消費行動に大きな
影響を与えていくことは間違いありません。

それ故、実店舗や販促イベントの運営を行う上で、
このO2Oは、非常に重要な施策の1つとなります。

5年後の市場規模を考える

仮に、この予測をベースとして、
今年(2013年度)から5年後(2018年度)を比較した際、
その市場規模は、約1.5倍に拡大することになります。

様々なアパレル業界の事例を研究し、
自身が開発する「販促O2Oアプリ」に活かします。

クラウドファンデングを通じて、たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
アプリを普及させ、より多くのユーザーに利用して貰うため、
まずは、アパレル業界に絞り、1つの成功モデルを作ります。