年代性別による外食料理写真の撮影頻度の違いから何が分かる?:写真 × O2O を考える

販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。

年代性別による外食料理写真の撮影頻度の違いから何が分かる?

飲食店で、「パシャ」という携帯の写真撮影音。

みなさんは、この行為を許容できているのでしょうか?
音を出すのが憚れるような高級レストランでなければ、
結構、色々なお店で、みなさん、パシャパシャしています。

私も、何か変わったものや特殊なシチュエーションなどでは、
写真を撮ってFacebookにアップします。
また、先日から、専用のアプリなどを使い、
写真をかなりの頻度でアップする人の気持ちを体感しています。

専用アプリやFacebookを見ていると、
年齢や性別によって、アップする頻度や人数が違うと感じました。

朝日大学マーケティング研究所が発表した
スマートフォンの利用と消費行動の変化に関する
 マーケティングデータ~利用実態編~
」によると、
外食時の写真をSNS等に投稿する頻度が高いのは、
20代・30代女性と30代男性であることが分かります。

全体的に見てみると、
女性の方が、男性よりも頻繁に行っていることが読み取れます。

女性の方は、日常的な一コマを習慣的に友達と共有することが多く、
男性の方は、特別な一コマを随時みんなに共有している印象です。

これは、投稿される料理写真やお店の特徴にも関係してくるでしょう。

30代男性を主体として考えれば、「料理のガイドマップ」を作れるでしょうし、
20代・30代女性を主体として考えれば、「料理のスナップ写真集」を作れます。

そして、この違いは、提供するサービスにも影響を与えます。
なぜなら、ユーザーが、いいねと感じる、機能やUI/UXが異なるからです。

自身が開発するアプリに活かすため、
ブログを通じ、アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。