食べログ・食べラは強い:写真 × O2O を考える

written by 高橋慶彦
[browsershot url=”http://camera.tabelog.com/” width=”600″]

「写真を投稿して、みんなに共有する」ということを考えた場合、
ポイントの1つは、楽しいかどうかです。

更に、その楽しさの1つとして、「みんなの反応」があります。

食べログが提供している「食べラ」は、この反応が非常に良いです。

機能として、フォロー・フォロワーが存在しますが、
それを1人も登録していない状況でも、
投稿してから15分〜30分以内に、20食べたい(いいね的評価)以上、
他のユーザーから評価が付きます。

もちろん、ユーザー数の問題はある訳ですが、
新しいサービスを始めたら、その壁に最初はぶち当たります。

自分で使い、友人にも使用をお願いするのは勿論ですが、
競合サービスが行っていない方法で、
シェアを拡大するためにユーザー数を増やす必要があります。

いくつかのアイディアの中から、
実際に試しながら、改善を繰り返していきます。

販促O2Oアプリ」の開発ため、ブログを通じ、
アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。