音楽と効果音:ソーシャルゲーム × O2O を考える

音楽と効果音:ソーシャルゲーム × O2O を考える

「販促ツール」として、「販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。
アパレル業界を中心に、アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。

音楽と効果音

音には、人を惹き付ける力があります。

みなさんは、パズドラのBGMを聞いたことがありますか?
あのBGMは、CMでも、ゲーム中でも流れている音楽です。

CMを繰り返し、繰り返し放送し、
人々の耳にBGMを届け続けることによって、
音楽と商品・サービスを関連付けていきます。

パズドラの様に、人気ゲームになると、
当然の様に、類似ゲームが世に出てきます。

パズドラと類似ゲームを比較すると、
個人的には、後から出てきた類似ゲームの方が、
ゲーム中の効果音をレベルは、圧倒的に上だと思います。

効果音は、ゲームプレイ、
特に、ミッションやバトルを演出する要素の1つですので、
ゲームの評価に大きな影響を及ぼすと考えます。

様々なソーシャルゲームの事例を研究し、
自身が開発する「販促O2Oアプリ」に活かします。

クラウドファンデングを通じて、たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
アプリを普及させ、より多くのユーザーに利用して貰うため、
1つの成功モデルを作ります。