スマートフォンゲームプラットフォーム国内No.1は?:ソーシャルゲーム × O2O を考える

スマートフォンゲームプラットフォーム国内No.1は?:ソーシャルゲーム × O2O を考える
出典:MMD研究所

「販促ツール」として、「販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。
ブログを通じ、アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。

スマートフォンゲームプラットフォーム国内No.1は?

MMD研究所が、
スマートフォンゲームに関する調査(課金編)」を
実施し、その内容を公開しています。

【調査概要】
 □ 期間:2013年8月8日~8月11日
 □ 対象:スマートフォンを所有している15歳~59歳の男女349人

【調査結果の概要】
 ■ スマートフォンゲームプラットフォームの利用率は
  「LINE」が38.1%、「Mobage」が16.3%、
  「Ameba」が14.6%、「GREE」が11.5%、「mixi」が9.2%

 ■ LINEゲーム利用者の中で人気は「LINE POP」と「LINE バブル」
  アクティブ利用者は5割以上

 ■ スマートフォンゲームの課金経験は22.1%
  うち2割が1ヶ月平均で3000円以上を課金されている