絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.24:店外販促物・店内POPでお客様をO2Oに巻き込む?

絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.24:店外販促物・店内POPでお客様をO2Oに巻き込む?

売上アップ専門家の高橋です。

vol.23:O2Oサービスをどうやってお客様に知って貰う?」に続き、
お店や企業が、売上アップを目指すなら、
絶対に知っておいて欲しいキーワードの1つの
「O2O(オーツーオー)」について、
連載講座として、ブログ記事を公開していきます。

店外販促物・店内POPでお客様をO2Oに巻き込む?

まず、O2Oの前提として、
オンライン(WEB・アプリなど)で集客し、
オフライン(実店舗)へ送客するということですので、
スマホアプリを活用する場合、基本的には、
アプリによってお店を見つけ、来店するという流れです。

ここまでのブログ記事で、
では、そのアプリ自体をどうやってお客様に見つけて頂き、
ダウンロードして貰うかという話をしました。

その中で、印刷販促物を、店外と店内で活用する方法が考えられます。

まず、チラシ・パンフレットなどの中に、
アプリの紹介とダウンロードの方法について告知します。
そして、それを手配りしたり、ポスティングしたり、
DMで発送したりして、お客様にお届けします。

この時のポイントは、お客様がわざわざ、
アプリを検索して、ダウンロードするというハードルを越えるために、
それ相応の「特典」を用意し、明確に伝えることです。

また、ノベルティなどの活用も考えられます。
ノベルティは、季節のものが手に取られ、捨てられにくいです。
例えば、夏であれば、紙製のうちわ、
これからの秋・冬であれば、ホッカイロなどは、捨てられにくいでしょう。

次に、店内POPについてです。

お店に来てからサービスを知ったら、
それは、O2Oではないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、
以前のブログ記事「vol.21:O2Oを双方向で考えてみよう」でもお伝えした通り、
今後更に、オンラインとオフラインの双方向性が重要になると考えます。

そして、オフライン(実店舗)から
オンライン(WEB・アプリ)へ誘導し、
O2Oサービスの活用を促進する、店内プロモーションの中核として、
店内POPと店員さんの対応が挙げられます。

次のブログでは、引き続き、店内POPで
O2Oサービスをどうやって利用して貰うかについてご紹介します。
vol.25:店内POPでお客様をO2Oに巻き込む?

高橋が、O2Oアプリの開発に挑戦中!

売れる店内バイブル:POPビンゴでクーポンGET:人とお店を繋げるO2Oアプリ

私は、現在、クラウドファンデングを通して、
お店やイベント会場に集客するためのツールとして、
スマートフォンのアプリの開発に挑戦しています。

ご支援頂いた方への「リターン(お礼の内容)」の追加を致しました。

「売れる店内POPバイブル」をご提供!

限定100名様! カウントダウンでサポート頂いた方だけに、
販促POP活用術をまとめて、ご提供致します。
本バイブルでは、販促ツール・印刷物・WEB・O2Oの観点から、
売れる店内POPについて、徹底的に解説致します!

O2Oアプリを中小企業やお店の経営者が、
無料から、集客ツールとして使用できるよう、
カウントダウンというサイトで、クラウドファンデングに挑戦し、
より多くの方の支援を募集しております。

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、
日本を元気に!東北発の新しい集客ツール