絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.23:O2Oサービスをどうやってお客様に知って貰う?

絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.23:O2Oサービスをどうやってお客様に知って貰う?

売上アップ専門家の高橋です。

vol.22:O2Oサービスをどうやってお客様に利用して貰う?」に続き、
お店や企業が、売上アップを目指すなら、
絶対に知っておいて欲しいキーワードの1つの
「O2O(オーツーオー)」について、
連載講座として、ブログ記事を公開していきます。

O2Oサービスをどうやってお客様に知って貰う?

さて、スマホアプリを活用したO2Oサービスを提供する場合、
どのようにして、そのアプリやサービスを知って貰うか考えます。

まず、最も分かり易いのは、マスメディアの活用です。
TVCM、雑誌広告、新聞広告など、
とにかく人の目につくように、広告を展開します。
場合によっては、番組枠を持つということもありえるでしょう。
ただし、これには相応の費用が発生します。

次に、マスメディアに取材して貰うという方法があります。
プレスリリースを出し、記者に興味を持って貰えれば、
お金を掛けずに、多くのターゲットにリーチできます。

プレスリリースに関しては、自分で行う方法と、
「PR TIMES」や「Value Press!」のような
配信代行会社を活用する方法もあります。
上記のような配信代行会社の場合、
既存のWEBメディアと提携している場合が多く、
配信と同時に、掲載される可能性が高いです。

加えて、WEB上での施策も考えられます。
LPや特設サイトを作り、そのページ・サイトへまずは集客し、
どのようなサービスか、どのようなアプリかを知って貰う
という方法が考えられます。

また、アプリの場合は、
「App Store」や「Google Play」などの
アプリをダウンロードする場所で、
人気ランキングの上位に表示する施策も考えられます。

最後に、一度ご来店頂いたお客様に対して、
店外・店内のPOP・店員さんの対応で、O2Oサービス活用を促進し、
囲い込み・顧客単価アップ・顧客分析へと繋げる方法が考えられます。

次のブログでは、引き続き、店外・店内の印刷販促物で
O2Oサービスをどうやって知って貰うかについてご紹介します。
vol.24:店外販促物・店内POPでお客様をO2Oに巻き込む?

高橋が、O2Oアプリの開発に挑戦中!

売れる店内バイブル:POPビンゴでクーポンGET:人とお店を繋げるO2Oアプリ

私は、現在、クラウドファンデングを通して、
お店やイベント会場に集客するためのツールとして、
スマートフォンのアプリの開発に挑戦しています。

ご支援頂いた方への「リターン」の追加を致しました。

「売れる店内POPバイブル」をご提供!

限定100名様! カウントダウンでサポート頂いた方だけに、
販促POP活用術をまとめて、ご提供致します。
本バイブルでは、販促ツール・印刷物・WEB・O2Oの観点から、
売れる店内POPについて、徹底的に解説致します!

O2Oアプリを中小企業やお店の経営者が、
無料から、集客ツールとして使用できるよう、
カウントダウンというサイトで、クラウドファンデングに挑戦し、
より多くの方の支援を募集しております。

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、
日本を元気に!東北発の新しい集客ツール