絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.19:小規模事業者こそO2Oを利用して欲しい

絶対に知っておいて欲しいO2O講座 vol.19:小規模事業者こそO2Oを利用して欲しい

売上アップ専門家の高橋です。

vol.18:ビックデータでO2Oはどう変わる?」に続き、
お店や企業が、売上アップを目指すなら、
絶対に知っておいて欲しいキーワードの1つの
「O2O(オーツーオー)」について、
連載講座として、ブログ記事を公開していきます。

小規模事業者こそO2Oを利用して欲しい

O2Oは、大企業だけが行う施策ではありません。
私は、小規模事業者こそO2Oを利用して頂きたいと考えています。

どんなお店でも、チラシやDMなどの販促ツールを使って、
これまで集客を実現しようと行動されてきたと思います。
それと同じように、少しだけO2Oに目を向けて欲しいと思います。

O2Oのソリューション・パッケージの中には、
高い費用が掛かってしまうものもあるでしょう。

しかし、それが全てではありません。
まずは、できることから始めて欲しいと思います。

ただし、行う上で、絶対に忘れてはいけないことがあります。

 1:現状よりもお客様が喜ぶことをする
 2:目標を立て、結果を分析し、改善する
 3:「1」と「2」を繰り返し続ける

1については、当然のことのように思うかもしれませんが、
本当に、お客様のメリットよりも
自分のメリットを優先していないか改めて考えてみて下さい。

2については、なかなかできていないケースが多いです。
明確な目標数値が無ければ、適切な施策か判断できません。
結果を分析しなければ、適切な次のアクションを実行できません。
改善を行わなければ、成長し続けることはできません。

3については、繰り返し続けないで、止めてしまうケースが多いです。
「1」と「2」を繰り返し徹底することでしか、
本当の成果に繋げることはできません。

当たり前のことですが、実際に実行できるかどうか、
そこには、大きな差が生まれます。

この1・2・3を行うことを前提に、
世の中には、無料から挑戦できるツールが多数存在します。

次のブログでは、無料から挑戦できるO2Oサービスについて情報を共有します。
vol.20:LINE@で無料からO2Oに挑戦しよう

高橋が、O2Oアプリの開発に挑戦中!

ビンゴでクーポンGET:人とお店を繋げるO2Oアプリ

私は、お店やイベント会場に集客するためのツールとして、
スマートフォンのアプリの開発に挑戦しています。

今回開発する販促アプリは、中核機能として、
「ビンゴゲーム」を採用します。
より多くのお客様が、楽しく、お得に買い物ができ、
より多くのお店が、お客様と繋がることができる環境を
構築していきたいと考えています。

O2Oアプリを中小企業やお店の経営者が、
無料から、集客ツールとして使用できるよう、
カウントダウンというサイトで、クラウドファンデングに挑戦し、
より多くの方の支援を募集しております。

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、
日本を元気に!東北発の新しい集客ツール