LINEという存在:ソーシャルゲーム × O2O を考える

LINEという存在

「販促ツール」として、「販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。
ブログを通じ、アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。

LINEという存在

MMD研究所が、2013年8月8日~8月11日、
スマートフォンを所有している15歳~59歳の男女566人を対象に行った
スマートフォンゲームに関する調査(利用実態編)」によると、
人気ゲームTOP5は、

 1位「パズル&ドラゴンズ」
 2位「LINE POP」
 3位「LINE バブル」
 4位「LINE ポコパン」
 5位「ぷよぷよ!!クエスト」

という結果になっています。

この結果が全てではありませんが、それでも、
上位5個の中に3個も入っているLINEと名の付くゲームアプリ。

それでもLINEは、ブレない

LINEは、リリースから現在に至るまで、
様々な変化を遂げ、これからもそれは続いていきます。

しかし、LINEの公式サイトを見ると、
LINEが何なのかという基本スタンスはブレていません。

□ページタイトル:
 無料通話・メールアプリ LINE(ライン)
□ページ説明:
 LINE(ライン)は、24時間、いつでも、どこでも、
 無料で好きなだけ通話やメールが楽しめる
 新しいコミュニケーションアプリです。

そして、この後、
ゲームやその他の機能へと説明が続きます。

世界中の人が、LINEを通じて、
「コミュニケーション」を行うために、
ゲームは、1つの手段でしかないにも関わらず、
トップ5に3個も名を連ねるLINE。

ゲーム自体とLINEとの連携から秘密を探ります。