日本発ファッション関連CGMモデルの先駆者「IQON」:アパレル × O2O を考える

[browsershot url=”http://www.iqon.jp/special/iphone/” width=”600″]

「販促ツール」として、「販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。
アパレル業界を中心に、アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。

日本発ファッション関連CGMモデルの先駆者「IQON」

IQON

「IQON」は、用意された人気のアイテムから、
好きなものを選択し、自分だけのファンションコーディネートを
WEBやスマホアプリを使用して、投稿・共有できるサービスです。
雑誌を切り取り、スクラップブックを作る感覚に似ています。

尚、各アイテムは、外部のECサイトと連動しており、
閲覧ユーザーが、気に入ったアイテムをすぐ買い物できる、
ソーシャルコマースのプラットフォームとしての側面もあります。

使い方

【コーディネートを共有】
 1:無料アプリをダウンロード
 2:ログイン
 3:「自由に作る」か「テンプレートから作る」を選択
 3:アプリ上に登録されているアイテムから1個ずつ選択
 4:アイテム画像を拡大・縮小し、重ね順を決めて自由に配置
 5:希望に応じて、イメージするモデルの画像を配置

【コーディネートを閲覧】
 □コーディネートに対して、評価する
 □コーディネートにコメントする
 □オシャレな投稿ユーザーをフォローする
 □気に入ったアイテムをすぐに購入する 

ポイント・特徴

 □ファッションを通じて、自己表現ができる
 □ファッションを通じて、他のユーザーとコミュニケーションが取れる
 □ファッションを通じて、ソーシャルグラフが拡大する

 □ユーザー間の交流が頻繁に行われている
 □「LIKE(ハート)」という1つの評価指標でシンプルに評価
 □評価した人を投稿したコーデのサムネイルと共に一覧表示できる
 □「人気コーデ」と「スタッフオススメコーデ」でユーザーをピックアップ

 □誰でも、簡単に、カワイイまとめができる
 □ユーザーが撮影した画像ではなく、既に登録されたアイテムから選択
 □スクラップブックを作る感覚で、自分だけのコーデを投稿
 □フレームや装飾を含む、テンプレートを活用した投稿が可能

 □無料で、簡単に、共有・閲覧ができる
 □一覧表示は、大きい画像が並ぶタイムライン方式を採用
 □大きい画像をタップすると、アイテムのサムネイル一覧に切り替わる
 □検索機能とお気に入りでコーディネートを見つけられる仕組み
 □コーディネートで迷った時、参考にできる

 □ユーザーが投稿したコーデで使用されたアイテムを、外部ECサイトの
  商品ページへリンクさせ、ソーシャルコマースのプラットフォームを実現
 □WEBサイト内で、企業コラボ企画「ユーザー投稿型コンテスト」を実施
 □アプリとPCの位置付けを分けて考えていると推察できる
 □恐らく、アパレルメーカー・小売店とのコラボ企画で運営を行っている

様々なアパレル業界の事例を研究し、
自身が開発する「販促O2Oアプリ」に活かします。

クラウドファンデングを通じて、たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
アプリを普及させ、より多くのユーザーに利用して貰うため、
まずは、アパレル業界に絞り、1つの成功モデルを作ります。