競合・類似サービスから学ぶ:写真 × O2O を考える

競合・類似サービスから学ぶ:写真 × O2O を考える

販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。

競合・類似サービスから学ぶ

世界中には、様々なWEBサービス・アプリが存在します。

様々な人・企業が、社会に存在する不都合や不満足を解消し、
より便利で豊かな世界を実現するため、
様々なWEBサービス・アプリを開発しています。

WEBサービス以前から含めて、これだけの商品・サービスがある中、
よっぽどの天才でない限り、世の中に全く類似サービスが存在しない
新しい商品・サービスを思い付くということは稀有です。

そして、類似サービスが存在するということは、
実は、幸運なことなのです。

まず、市場が存在していることが分かります。
そして、ユーザーのニーズを知ることができます。
更に、先駆者の失敗と成功から学ぶことができます。

自分が作ろうと考えている類似サービスの開発者の
インタビュー記事やブログを見てみましょう。

誰の、どんな課題を、どんな方法で解決し、
どんな社会を実現しようとしているのか、
具体的な取り組みや経験から学び、自身の開発に活かしましょう。

ブログを通じ、アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。