位置情報という要素:ソーシャルゲーム × O2O を考える

位置情報という要素:ソーシャルゲーム × O2O を考える

「販促ツール」として、「販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。
アパレル業界を中心に、アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。

位置情報という要素

ソーシャルゲームを考える上で、
特に、自分の場合は、そこからO2Oを実現するために、
「位置情報」というのは、非常に重要な情報にあります。

近くのお店を表示するという基本的なところから、
クーポン情報に伴うGPSを活用したプッシュ通知、
更には、プレイヤーの位置情報をゲームの要素として活用する、
様々な活用法が考えられます。

位置情報ゲームと言えば、
「位置ゲー」を商標登録している
株式会社コロプラは、TVCMでも最近よく見ます。
1,000万ダウンロードを超すアプリもあります。

位置情報を活用した様々なゲームの研究も進めます。

様々なソーシャルゲームの事例を研究し、
自身が開発する「販促O2Oアプリ」に活かします。

クラウドファンデングを通じて、たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
アプリを普及させ、より多くのユーザーに利用して貰うため、
1つの成功モデルを作ります。