SNS内の友達を巻き込む、最高の暇つぶし:ソーシャルゲーム × O2O を考える

SNS内で友達を巻き込む最高の暇つぶし:ソーシャルゲーム × O2O を考える

「販促ツール」としてのアプリ開発を行っている高橋です。

人とお店をつなぐスマホアプリ「販促O2Oゲーム」を開発するにあたり、
O2O・ソーシャルゲーム・ゲーミフィケーションについて、研究を深めます。

SNS内の友達を巻き込む、最高の暇つぶし

販促ツールとして、O2Oアプリを提供し、普及させるにあたり、
クーポンGET(特典獲得)というメリット以外にも、
ユーザーが、わざわざアプリをダウンロードし、
更に、暇な時に起動して触ってくれる仕組みを考えています。

1つは、クラウドファンデング挑戦中から提示していた、
企業が行う「懸賞キャンペーン」の組み込みです。
ユーザーは、アプリ内でビンゴゲームに参加して、
豪華な賞品が当たる、懸賞キャンペーンに応募できる仕組みです。

さて、もう1つ考えたいのが、このアプリを
O2Oツールであると同時に、利用するユーザーにとって、
「最高の暇つぶし」ツールにすることです。

電車の中で移動中、TVを見ながらゴロゴロしている時、
料理を注文して少し待っている時間、
色んな隙間時間に、触って貰えるアプリにしたいと考えています。

そのためには、ユーザーが触りたくなる「動機付け」が必要です。
その「触りたくなる理由」の1つとして、
SNS内での友達を巻き込む方法が考えられます。

実際に、世に出ているソーシャルゲームを研究し、
取り入れられる要素は、優先順位を付けながら導入を検討し、
より多くのユーザーに利用されるアプリにします。

» 目次:人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」

高橋が、クラウドファンデングを達成!O2Oアプリの開発に挑戦中

私は、現在、クラウドファンデングを通じて、
たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
お店やイベント会場にて集客・販促するためのツールとして、
スマートフォンのアプリの開発に挑戦しています。

O2Oアプリを中小企業やお店の経営者が、
無料から、集客ツールとして使用できるよう、
カウントダウンというサイトで、クラウドファンデングに挑戦し、
より多くの方からご支援を頂き、目標額を達成致しました。

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、
日本を元気に!東北発の新しい集客ツール