飲食店で常連客が増える成功パターンは?:写真 × O2O を考える

販促O2Oアプリ」の開発を行っている高橋です。

飲食店で常連客が増える成功パターンは?

飲食店を経営する上で、常連客がどれだけいるか、
お店や店主が好きで、お店に通ってくれるお客様がどのぐらいいるかは、
非常に重要なポイントになるでしょう。

どれだけ、お金を出して広告しても、
どれだけ、クーポンを発行して集客しても、
結局、リピーターになって頂かないと、
永久に、広告費と利益の追いかけっこをしなくてはなりません。

日経レストランは、調査アンケートから分かった
「お店選びのポイント」と「常連客になる可能性の高さ」の
相関性について、情報を公開しています。

“消費者が初めて行く店を選んだ理由は、「友人、家族、会社の同僚などに薦められた。または連れて行ってもらった」という回答が63%と最も多い。さらに、「友人や知人のブログ、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)を見て」という初来店のきっかけも7.3%。また、「食べログなどインターネット上のクチコミ情報」という回答も36.3%を占める。”

“常連客に誘われた・薦められた店を、新規客が気に入って、新たな常連客になる可能性は、ほかの集客策よりはるかに高い。なぜ、そうした結果になるかと言えば、「友達の好きな食べ物がおいしい店だと(その友達を)連れて行きたくなる」(29歳女性)といった声からも分かるように、店に誘ったり、紹介したりするときは、相手が気に入りそうな店を選ぶことが多いためだ。”

リピーターとなっているお客様が、
リアルやSNSでオススメすることで、新規来店が生まれ、
今度は、その人がオススメするという流れが生まれ、
リピート率と広がりが拡大していく理想の形が、
成功パターンと言えそうです。

当たり前のことのように感じますが、
近年のSNS・スマホの普及で、この環境は以前よりも
容易に生み出せるようになっていると考えます。

アプリ・WEBサービスを提供する際には、
いかに、このオススメ・共有するネットワークを
拡大できるかどうかが成功の鍵になります。

引用:雑誌「日経レストラン」今月の特集・なぜあのお店は、
   お客がお客を呼ぶのか – 特集 – 日経レストラン ONLINE

ブログを通じ、アプリ・O2O・ゲーミフィケーションの研究を深めます。