位置情報をベーストしたセール・イベント情報のキュレーションで地元を応援

written by 高橋慶彦
位置情報をベーストしたセール・イベント情報のキュレーションで地元を応援

2013年6月、TwitterがSpindleを買収したというニュースが流れました。
Spindleは、ユーザーがいる場所の近くにある
商業施設・飲食店・小売店・娯楽施設などのセール・イベント情報を
リアルタイムに探すことができるアプリです。

特定のキーワードで検索(フォルタリング)された情報を
地図上に表示することが可能なサービスとなっています。

企業側・イベント運営者側が、
様々なSNSを活用して発信している情報が点在している現状から、
ユーザーに合わせて自動的に集めてくれるという点で非常に便利です。

この発想を自分のアプリにも活用できないかと考えています。

 □ユーザーが有益な情報を自ら探し投稿する
 □ユーザーのキュレーション力を評価しリターンを進呈する
 □アプリ内で個々が集めた有益な情報を整理しまとめて発信する

ちょっと出張や旅行に行った際、
あるいは、1時間程車を運転して家から遠い場所に行った際、
地元の人が良く行くオススメのお店を知りたいと私は感じます。

このキュレーションの仕組みで、
地元の人が自らの力で地域を更に活性化することに
少しでも貢献できないかと考えています。