クーポンと口コミの両方を考える

written by 高橋慶彦
クーポンと口コミの両方を考える

クーポンで来店したお客様に再びお店に来て貰う、
常連さんになって貰う、周囲の友人にオススメして貰うには、
どのようにすればよいのでしょうか?

“消費者が初めて行く店を選んだ理由は、「友人、家族、会社の同僚などに薦められた。または連れて行ってもらった」という回答が63%と最も多い。さらに、「友人や知人のブログ、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)を見て」という初来店のきっかけも7.3%。また、「食べログなどインターネット上のクチコミ情報」という回答も36.3%を占める。”

“常連客に誘われた・薦められた店を、新規客が気に入って、新たな常連客になる可能性は、ほかの集客策よりはるかに高い。なぜ、そうした結果になるかと言えば、「友達の好きな食べ物がおいしい店だと(その友達を)連れて行きたくなる」(29歳女性)といった声からも分かるように、店に誘ったり、紹介したりするときは、相手が気に入りそうな店を選ぶことが多いためだ。”

引用:雑誌「日経レストラン」今月の特集・なぜあのお店は、
   お客がお客を呼ぶのか – 特集 – 日経レストラン ONLINE

クーポンと小さなコミュニティの中におけるオススメを組み合わせることで、
クーポンの効果はより大きなものになると考えられます。

全国の情報共有データベースを構築すると同時に、
閲覧する環境を地域ごとに設定できる様にし、
ユーザーがよく行く、あるいは、住んでいるエリアの中に、
コミュニティを形成し、その中で情報共有が行われれば、
飲食店の販促と地域活性化に貢献できるのではないかと考えています。

この方法で、小さなコミュニティを形成することには、
別の観点のメリットも存在すると考えています。

出張や旅行で、自分が良く知らない場所へ行った時、
「地元の人のオススメの店へ行きたい。」と思うことがあります。

小さなコミュニティの情報量を増やしていくことは、
観光客や外から来た人への情報提供力の強化になり得ます。
クーポンという価格メリットと
確かな価値に高い情報というメリットの両方を提供することで、
相乗的な効果を発揮できると考えています。