2.1:どんな資産を活用するのか?/人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」

クラウドファンデングを通じて、たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
「販促ツール」としてのアプリ開発を行っている高橋です。

人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」を開発するにあたり、
事業全体について、みなさまに共有致します。

2.1:どんな資産を活用するのか?

2.1:どんな資産を活用するのか?/人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」

過去100社以上が販促ツールとして導入した、紙のビンゴカードの実績に基づく、
新しいマーケティング手法と印刷加工技術のノウハウ。

関連企業として印刷会社があり、印刷設備・抜き加工設備を保有し、
過去2年間で100社以上の企業に対し、ビンゴカードを販促ツールとして導入。
実績に基づく、ビンゴの仕組みを活用したマーケティングのノウハウを保有。

中小企業から大手企業・上場企業、官公庁まで、様々な業種に対して行った
WEB・印刷物・販促ツールの企画・制作の実績に基づく販促ノウハウを保有。

2年間で100社以上の実績を重ね、ノウハウを蓄積。

2年間、独自技術を活用したオリジナルビンゴカード印刷業務を行ってきました。
より多くの方に楽しんで頂けるように無料サービスも行なっております。

広告代理店への飛び込み営業から開始し、1つずつ実績を重ね、
イベントプロモーション・展示会・インストアプロモーション・集客DMなど
様々な用途で、大手企業・上場企業を中心に100社以上に導入を頂きました。

【導入事例】

「当初予定の2倍にあたる6,000人を新商品発売イベントへ集客」
  大手食品メーカー様が、新商品発売プロモーションに伴い、
  発売記念イベントでビンゴゲームを開催するにあたり、
  オリジナルビンゴカードによって、当初予定の2倍の集客を実現しました。

「店頭プロモーションでの集客力と成約率が大幅にアップ」
  大手通信会社様が、店頭にてビンゴゲームを実施し、集客を実現しました。
  数字の代わりに、サービス名ランダムに配置し、更に、アンケートの
  要素を追加することで、最適なターゲットへのリーチを実現しました。

このような大手企業の販促イベント・インストアプロモーションの実績に基づく
成功ノウハウを、販促O2Oアプリに活用します。

» 目次:人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」

高橋が、クラウドファンデングを達成!O2Oアプリの開発に挑戦中

私は、現在、クラウドファンデングを通じて、
たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
お店やイベント会場にて集客・販促するためのツールとして、
スマートフォンのアプリの開発に挑戦しています。

O2Oアプリを中小企業やお店の経営者が、
無料から、集客ツールとして使用できるよう、
カウントダウンというサイトで、クラウドファンデングに挑戦し、
より多くの方からご支援を頂き、目標額を達成致しました。

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、
日本を元気に!東北発の新しい集客ツール