1.2:販促アプリ「ビンゴン」によって何を目指すのか?/人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」

クラウドファンデングを通じて、たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
「販促ツール」としてのアプリ開発を行っている高橋です。

人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」を開発するにあたり、
事業全体について、みなさまに共有致します。

1.2:販促アプリ「ビンゴン」によって何を目指すのか?

1.2:販促アプリ「ビンゴン」によって何を目指すのか?/人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」

地域経済の基盤である中小企業が抱える「売上不振」という課題を解決し、
日本全体の更なる活性化に貢献します。

お客様が、もっと楽しく、お得に、お買い物ができる
スマートフォンのアプリを東北から発信し、ターゲット市場に普及させ、
より多くのお客様とお店をつなげ、中小企業の売上アップに貢献することで、
地域経済を活性化させ、笑顔と繋がりが溢れる社会の創造に貢献します。

人とお店を繋げ、地域経済の基盤である中小企業をもっと元気に!

日本の企業数の99.7%が中小企業、日本の従業者数の69%が中小企業です。
(経済産業省・総務省の調査データ 2006年)

この中小企業の中でも、特に、従業者が20人未満の中小企業に至っては、
バブル崩壊以降、「業況の悪い企業の方が多い状況」が続いています。
そして、このような中小企業が挙げている
「経営上の問題点」の約55%が「売上不振」です。
(全国中小企業動向調査結果 日本政策金融公庫 2013年4月23日発行)

中小企業は、地域経済の基盤です。
日本の中小企業が元気になれば、日本はもっと元気になります。
お客様にも、お店にも、メリットがあるスマホアプリを開発し、
笑顔と繋がりが溢れる社会の創造に貢献します。

» 目次:人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」

高橋が、クラウドファンデングを達成!O2Oアプリの開発に挑戦中

私は、現在、クラウドファンデングを通じて、
たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
お店やイベント会場にて集客・販促するためのツールとして、
スマートフォンのアプリの開発に挑戦しています。

O2Oアプリを中小企業やお店の経営者が、
無料から、集客ツールとして使用できるよう、
カウントダウンというサイトで、クラウドファンデングに挑戦し、
より多くの方からご支援を頂き、目標額を達成致しました。

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、
日本を元気に!東北発の新しい集客ツール