ソーシャルゲーム市場:ソーシャルゲーム × O2O を考える

ソーシャルゲーム市場:ソーシャルゲーム × O2O を考える

「販促ツール」としてのアプリ開発を行っている高橋です。

人とお店をつなぐスマホアプリ「販促O2Oゲーム」を開発するにあたり、
O2O・ソーシャルゲーム・ゲーミフィケーションについて、研究を深めます。

ソーシャルゲーム市場

“成長ペース鈍化するも、
2013年度には国内市場4,200億円突破の見通し”

【課題】

“コンプリートガチャ(コンプガチャ)の問題、不正に複製されたアイテムのリアルマネートレード(RMT)や未成年者への高額請求などが社会問題化”

  過去記事:「コンプガチャとケイヒンとハンソク

【将来性】

“今後のソーシャルゲームの主戦場は世界のスマートフォン市場へ”

ソーシャルゲーム市場に関する調査結果 2012
 2013年1月10日 株式会社 矢野経済研究所

ソーシャルゲーム市場に関する調査結果

今回の調査は、「課金」によって発生している金額を基に算出し、
広告収入は、その中に含まれていません。

ソーシャルゲーム業界は、様々な問題を自主的に解決する活動が活発化している。
2012年11月、一般社団法人 ソーシャルゲーム協会(JASGA)が発足。

<調査概要>
「急成長するソーシャルゲームの市場動向と将来性分析 2012-2013」
 2012年12月27日 株式会社 矢野経済研究所

1.調査期間:2012年11月~12月
2.調査対象:国内 SNS 事業者、ソーシャルアプリプロバイダー、
       ゲームパブリッシャー・ディベロッパー、オンラインゲーム事業者
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、
       ならびに文献調査併用

<同調査におけるソーシャルゲーム市場とは>
 同調査におけるソーシャルゲームとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で提供され、SNS のユー
ザーがゲームを介してコミュニケーションをとれるオンラインゲームとする。
 なおソーシャルゲーム市場規模は、日本国内のユーザーがソーシャルゲームの利用対価として支払った金額の
合計とし、広告収入は含まない。

» 目次:人とお店をつなぐスマホアプリ「ビンゴン」

高橋が、クラウドファンデングを達成!O2Oアプリの開発に挑戦中

私は、現在、クラウドファンデングを通じて、
たくさんの方から頂いた支援金をもとに、
お店やイベント会場にて集客・販促するためのツールとして、
スマートフォンのアプリの開発に挑戦しています。

O2Oアプリを中小企業やお店の経営者が、
無料から、集客ツールとして使用できるよう、
カウントダウンというサイトで、クラウドファンデングに挑戦し、
より多くの方からご支援を頂き、目標額を達成致しました。

お店と中小企業の売上アップに貢献するための販促アプリを開発し、
日本を元気に!東北発の新しい集客ツール