文章力を鍛える、1つの習慣

文章力を鍛える、1つの習慣

コミュニケーション能力向上

みなさんは、ビジネスパーソン・ビジネスリーダーに求められる能力として、何を挙げるでしょうか。私は、その1つとして、コミュニケーション能力を挙げます。

今回ご紹介する書籍は、
文章力の鍛え方
(著者:樋口 裕一)です。

伝える力:文章力を鍛える、1つの習慣

曖昧なことを言わない。

曖昧なことを言わない。

本書は、多摩大学教授も務める、作家の樋口裕一氏によって書かれたものです。

樋口氏は、コミュニケーション能力と文章力について言及しています。円滑にコミュニケーションを交わすためには、会話力を高める必要があり、そのためには、ある程度の「文章力」が求められます。

文章力を鍛えるため、非常に大切な1つの習慣があります。

根拠の明確化

その根拠は?

なぜ

とにかく「なぜだろう」と文章で考える癖をつける
(PART1 論1)

樋口氏は、「文章を書く」という行為において、根拠を明確にすることが非常に重要である伝えています。日頃から、その重要性を意識し、訓練しながら習慣化することが大切です。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
本質を伝える技術3ステップ

最後に:思考の習慣化

なぜ、そうなのか? では、それはなぜのか?

なぜを繰り返し、それを習慣化しましょう。本書には、日々の生活の中で実践できる、様々な方法が書かれています。

訓練を続けることで、文章力を高めることができます。共に改善を続けましょう。