「個」の世界と自己の認知

shutterstock_313506977

何によって憶えられたいか?

今日でも私は、この問い、何によって憶えられたいかを自らに問いかけている。これは、自己刷新を促す問いである。自分自身を若干違う人間として、しかしなりうる人間として見るよう、仕向けてくれる問いである。

□出典:『非営利組織の経営』ドラッカー

この質問を自分に問いかけてみる。

「個」の世界と自己の認知

ブランディングにおいて重要なことは、顧客に「誰から」買いたいかを考えてもらい、その「誰」という部分に「あなた」がいる状態をつくることだ。

そのためには、どうすれば良いのか?

ドミノから離れて「個」の世界を認識し、「個」の自分を認知するところから始まる

山咲 聖 氏

まず、競合ひしめく「売りの世界」ではなく、「個」の世界を認識する。

そして、自己を認知し、他者にどう認知されたいのか考える。

なぜ?なぜ?なぜ?を繰り返し、自己の本質を追求することが求められる。