掛かる時間を正確に想定し、優先順位を見極めることができるか?

掛かる時間を正確に想定し、優先順位を見極めることができるか?

編集長の高橋です。

最近、事業の拡大を目指し、
様々な方に支援して頂くための資料を作っています。
事業を成功させるためにも、過去の自分を反省し、
自分自身に何が欠けているのかを考えます。

この活動を通して、実際に成長できた際には、
自分以外の人にとって、少しでも役立つ記事になることを目標に、
ブログで公開します。

掛かる時間を正確に想定し、優先順位を見極めることができるか?

「忙しい、忙しい。」
「時間が無い、時間が無い。」

こんな言葉が口癖のようになっています。
何のために、わざわざこんな言葉を口にするのか?

「いつも忙しくて、大変だね。」と言って貰いたいのか、
「じゃあ、しょうがないね。」と言って貰いたいのか、
自分を守るための言い訳が欲しいのか。

忙しいのは、当たり前です。
暇だったら、そちらの方が、問題です。

問題は、自分の仕事に対して、
完了させるまでに掛かる時間を正確に想定できないこと、
現状の優先順位から、仕事を管理できないこと、
が原因として考えられます。

対策

ある調査データによると、
平均で、想定していた時間と実際に掛かった時間を比較すると、
1.4倍の時間が掛かるというシミュレーション結果が出ています。

自分がこれぐらいの期間で完了できると考えた時間の
1.4倍は想定して、その差異を縮める努力をしましょう。

そして、更に重要なのは、
自分自身の行動に対しても、PDCAサイクルを考え、
改善していくことです。

実際に、作業が終わった後、どの部分に対して、
予定よりも時間が掛かったかを分析し、その部分を改善します。

また、優先順位に関しては、
アプリやWEBサービスを利用する方法が考えられます。
手書きでもできますが、その方が抜けも無く、
効率的に管理することができます。

最後に

引き続き、滑稽に見えようとも、自分を曝け出していきます。
全ては、自分自信を見つめ直し、事業を成功に導くためです。

本気で事業を達成したいと考えるなら、
言い訳など意味の無いことをしてはいけません。
それ自体が、自分と相手の時間を無駄にする行為です。

そして、もし、同じような悩みを持つ方がいれば、
そのような方の参考になる記事を書くため、自分自身で試しています。
成功した際には、この滑稽な記事にも、少しだけ価値が生まれると思います。

次回のブログに続きます。

参考:時間の見積もりをどうするか?
   -「仕事が忙しい!」の9割は思い込みだった【2】

   (著者:横田尚哉 氏 PRESIDENT 2011年2月14日号)