ロジカルに伝わる文章を書く方法

shutterstock_457271614

伝わらなければ、意味がない。

情報発信は、非常に重要です。

企業としても、オウンドメディアやSNSを活用することは当然となっています。

しかし、発信すれば良いというわけではありません。

問題は、顧客に伝わるかどうかです。

ロジカルに伝わる文章を書く方法

伝わる文章を書く方法はたくさんあります。

今回は、いかにロジカルに相手へ伝えるかという観点から1つのアドバイスをお伝えします。

まず、見出しを先に書いてください。

見出しで文章構成が決まる

あなたが情報発信の初心者であるならば、「見出しを先に書く」ことをお勧めします。

読んでいて何を伝えたいのかよく分からない文章の特徴として、「文章の構成が崩壊している」ことが挙げられます。

見出しで、文章構成は決まってしまうのです。

伝わる文章か確認してみよう

まず、あなたの文章の見出しだけ読んでみてください。

もしそれで、何を伝えたいのか明確でないとすれば、どんなに長々と文章を書いたところで、読者には伝わらないでしょう。

逆に、見出しだけでも全体の要点が分かれば、それに肉付け(根拠・事例・詳細を追記)していくだけで済みます。

ロジカルな文章を書き、相手にあなたの想いを伝えましょう。