成果を出す、成功者の勉強法

shutterstock_251939371

リーダー育成のビジネススクールとしてMBAプログラムを提供し、開学から10年という期間で日本最大級の経営大学院へと成長した、グロービス経営大学院

2016年12月3日、東北の起業家・経営者・起業志望者を対象に、グロービス経営大学院 学長の堀義人氏による特別セミナーが、宮城・仙台で開催されました。

□前回の記事↓
企業文化をつくる3ステップ。グロービス堀義人氏に学ぶ、理念とビジョン

そのセミナーの中から、今回は「勉強法」についてのお話をシェアします。

成果を出す、成功者の勉強法

参加者から、「成長するために、どの様に学ぶのが良いですか?」という質問がありました。

堀氏は、3つのポイントを教えてくれました。

1: 集中(没頭する)
2: 環境(良いコーチ)
3: 時間(努力の量)

堀氏は、徹底的に集中して学ぶことを実践していると言います。

「コツコツも大切だが、没頭する。最初は、シャワーのように集中して浴びる。ある程度まで熟練したら、コツコツ継続的に学び続ける。」

また、良いコーチのもと、戦略的に時間の使い方を決めながら学ぶのが良いと伝えてくれました。そのためには、「やらないことを決める」ということも重要です。

能力の格差が成功確率を決めている

ビジネスが成功するかどうかは、能力に応じて変わります。

成功確率の差は、能力の格差そのものです。

リーダーとして、ビジネスを加速させるために、そして、自分自身を成長させるために、自己を研磨しながら必要な学びを深めていきましょう。