経営者は、見た目も大事?食事・運動データで短期間ダイエット10kg減量をする無料アプリ活用方法

経営者は、見た目も大事?食事・運動データで短期間ダイエット10kg減量するアプリ活用方法

現在、私は減量の必要性を感じています。
同じように感じている経営者の方は多いと思います。

本気で痩せようと考えた際、
ダイエットを成功させるには、何が必要なのか、
パーソナルトレーナーと無料アプリの観点から調べてみました。

パーソナルトレーナーを活用し、ダイエットできるのか?

パーソナルトレーナーを活用しダイエットできるのか?

本気で、短期間の減量を考え、まず思い付いたのは、
パーソナルトレーナーを活用したダイエットです。

パーソナルトレーナーが教えるダイエットの5つのポイント

TVでの芸能人の挑戦、各ジムのWEBサイトを見て考えた
パーソナルトレーナーを活用したダイエットにおける
重要なポイントを5つ挙げてみます。

 1:目標と期限の明確な設定
 2:徹底的な食事管理
 3:徹底的な運動管理
 4:第三者の監視による強制力
 5:基礎代謝の向上

一人で何となくダイエットを始めようと考えても、
この5つを実現できない場合、減量を成功することができません。

パーソナルトレーナーの難点は、料金が高いこと?

確かに、ここまで徹底的に管理されれば、人は痩せられそうです。
また、RIZAPのように30日間返金保証を行うところまであります。

しかし、「掛かる費用が安くない」ということが難点です。
調べた中で、しっかりとパーソナルトレーナーを付けて、
ダイエットをするとなると、2ヶ月で10万円〜40万円ぐらいは
掛かってしまいそうで、決して安くありません。

中には、DIET HEROのように、29,800円/月で、
直接会わずに、スマホを使って、
パーソナルトレーナーがアドバイスのみを行うサービスもありますが、
何とか無料できちんとダイエットする方法はないか考えてみます。

2ヶ月で10kg減量する無料アプリの活用方法を考える

無料アプリを活用し、2ヶ月ダイエット10kg減量する方法

パーソナルトレーナーの5つのポイントを基本にして、
自分の力で、無料アプリを使って痩せる方法を
データの観点から考えてみます。

 1:目標と期限:「2ヶ月間で10kgの減量する」と数値で明確化
 2:食事管理:無料アプリ「BeCalendar」で管理
 3:運動管理:無料アプリ「Nike Training Club」で管理
 4:第三者の監視:Facebookやブログでの「宣言」で解決しよう
 5:基礎代謝の向上:YouTubeチャンネルで体幹トレーニングしよう

食事・運動データから数値的に考えるダイエット

人が痩せるということは、
摂取カロリーよりも消費カロリーが大きいということです。

「摂取カロリー −(基本代謝量 + 運動による消費カロリー)」の計算式が
マイナスになれば痩せることができます。

そして、ダイエット期間と目標減量数を明確に設定すれば、
それに必要な毎日のマイナス分を計算することができます。

基礎代謝量は、人間が生きる活動を行うために使用するカロリーで、
何もしていない時でも消費されるエネルギーのことです。

基礎代謝量は、平均的な理論値を計算式で求めることができます。
計算式基礎代謝量自動計算 – 基礎代謝量の求め方

私の場合、現時点での基礎代謝量は「1846.0kcal/日」となり、
何もしない状態で、1日に1846kcal以上を摂取すれば太り、
何もしなくても、1846kcal未満しか摂取しなければ、
理論上は、痩せることができます。

無料アプリ「BeCalendar」食事の摂取カロリーを管理

無料アプリ「BeCalendar」で食事のカロリーを管理する

BeCalendar」というアプリは、
食事管理を行う上で非常に優れたスマホアプリです。

まず、最初に自分の年齢・性別・身長・体重などの個人情報、
更に、目標体重といつまで達成したいかを入力すると、
自動的に、1日の目安となるカロリーを計算してくれます。

更に、食事のメニューとして、85,000個を超える
実際の店舗のメニュー名や商品名と摂取カロリーが登録
されており、
選択して簡単に入力することも、直接入力することもできます。

そして、自分の体重と摂取カロリーをグラフ化し、
目標を達成するために、その日の内、
残りどのぐらい摂取して良いか、どのぐらい運動が必要か表示してくれます。
理論上は、ここで表示される数字を守り続ければ、痩せられるはずです。

無料アプリ「Nike Training Club」運動の消費カロリーを管理

無料アプリ「Nike Training Club」運動の消費カロリーを管理

Nike Training Club」というアプリは、
運動管理を行う上で非常に重宝するスマホアプリです。

まず、「体を引き締めたい」「パーツごとに鍛えたい」など
目標(目的)を選択します。
次に、頻度に合わせて、レベルを選択します。

そうすると、掛かる時間、消費カロリーが表示されます。
動画と音声の説明を見ながら、トレーニング行うことができます。
希望に応じて、自分のお気に入りの音楽を聞きながら運動を行えます。

万一、目安となるカロリーを超えて摂取してしまった場合、
運動して、消費するしかありません。
その上で、何を行うと何kcal消費するか分かるのは非常に便利です。
そして、摂取したカロリーを消費することが、いかに難しいかよく分かります。

最後に:ダイエットもマーケティングも成功ルールは同じ

今回、成功するダイエットについて考えてみましたが、
マーケティングを考える上で大切なことと共通する部分があります。

 □目標と期日を明確に数値化する
 □達成のためのKPI目標を設定する
 □PDCAサイクルを作る=仮定・行動・分析・改善を継続的に繰り返す

減量目標といつまで達成するかを決定し、
そのための食事による摂取カロリー、
基本代謝量、運動による消費カロリーを設定し、
毎日、成果を分析しながら、行動と改善を繰り返します。

自分自身も、2ヶ月で10kg減量に挑戦してみます。
ちなみに、これを実現するには、相当な努力が必要であると、
既に数値として明確に分かっています。

現実的な話しをすれば、1ヶ月で3kg以下の減量がオススメです。
是非、みなさんも挑戦してみて下さい。