20世紀最大の詩人 オーデンに学ぶ、天才の日課

20世紀最大の詩人 オーデンに学ぶ、天才の日課

聡明な人間の日課は、
大志の表れである。

ウィスタン・ヒュー・オーデン

リーダーとして、偉人たちに学ぶことは非常に多いと言えます。
世界的ベストセラー『Daily Rituals』から、天才たちの日課を学びましょう。

オーデンの日課と自己管理

AudenLibraryOfCongress

20世紀最大の詩人の一人:W・H・オーデン

自己管理は、時間管理で決まる。

オーデンは、「きっちり同じ時間に、同じことを行う。」ということを徹底していました。なぜなら、自分自身の感情をコントロールする最も確実な方法は、時間を自己管理することだと考えていたからです。

オーデン

効率性の高い時間帯を知る、朝型人間。

オーデンの日課

オーデンは、時計を何度も何度も確認し、時間と自身の行動を管理していました。

6時過ぎには起床し、コーヒーを入れ、仕事に掛かります。彼は、午前7時から午前11時半までが、自分にとって最も集中できる時間帯であることを自覚していました。

そして、夕方まで仕事をした後、午後6時半きっかりから、カクテルアワーが始まります。ウォッカ・マティーニを飲み、ワインと共に夕食を食べ、どんなに遅くとも午後11時には就寝していました。

□参考文献:
『Daily Rituals』著者:Mason Currey

□こちらの過去記事もチェック↓↓
リーダーの成長に必要な5つの習慣と20の行動:ドラッカー

最後に:集中できる時間をまとめる

自分自身が集中できる時間帯を確保し、優先順位の高い仕事をすることは非常に重要です。

時間の使い方を改善することで、成果を高めることができます。共に効率性を上げ、成功を目指しましょう。

天才の日課をシェアしよう!