PC動作最適化:モリサワのOpenTypeフォントを大量にインストールしていませんか?

PC動作最適化:モリサワのOpenTypeフォントを大量にインストールしていませんか?

フォントのせいで、スピードが落ちていませんか?
本当に必要なフォントは、その一部かもしれません。

編集長の高橋です。

先日、大手フォントメーカーの1つである、
モリサワの方とお話をする機会がありました。

その際、多くの方が誤解されて、
PCのスピードを落とされている可能性がある
フォントインストールの注意事項をお聞きしました。

 ◇問題:PCのスピード低下
 ◇原因:Std・Pro・Pr5・Pr6の内、複数をインストールしている
 ◇対策:最新のフォントセットのみ残し、古いものは削除する
 ◆注意:念のため、単純に削除せずに、バックアップをお忘れなく

モリサワのOpenTypeフォントには、
Std・Pro・Pr5・Pr6という4種類が存在します。

何が違うかというと、そのフォントセットに含まれる文字数です。
Stdが最も少なく、順番に増えていき、Pr6が最も多いのです。

モリサワは、定期的に、この含まれる文字数を増やす作業、
フォントのアップグレードを行っているわけですが、
ユーザーによっては、全てのフォントセットを
PCにインストールされて、それが原因となり、
スピード低下を招いているということです。

例えば、最新のPr6は、
過去にリリースされた、Std・Pro・Pr5の全ての文字をカバーしているため、
Pr6をインストールしたら、古いフォントセットは全て削除することで、
PCのスピードを最適化することができます。

みなさんも、モリサワのOpenTypeフォントをお使いであれば、
複数のバージョンのフォントセットが入っていないか、
是非チェックして、整理してみて下さい。
※注意:念のため、単純に削除せずに、バックアップをお忘れなく。