Illustratorチュートリアル:今更だけど知らないと損をする「メニュー」のショートカット

Illustratorチュートリアル:今更だけど知らないと損をする「メニュー」のショートカット

編集長の高橋です。

ショートカットは、作業効率をアップさせる上で、非常に重要です。

みなさんは、メニューのアクションを行う際、
どのぐらい積極的にショートカットを使用していますか?

ほとんど、マウスで選んで作業をしていませんか?

「メニュー」のショートカットを活用することで、
作業効率が大幅にアップします。

今更だけど知らないと損をする「メニュー」のショートカット

今回は、Illustrator(イラストレーター)で使用できる
知らないと損をする「メニュー」のショートカットをご紹介します。

Illustratorでは、
「メニュー」にもショートカットが割り当てられており、
自由に変更することが可能です。

多くのみなさんが使用してるであろうショートカットとしては、

 ◇コピー:[command]+[C]キー(Mac)/[Ctrl]+[C]キー(Win)
 ◇ペースト:[command]+[V]キー(Mac)/[Ctrl]+[V]キー(Win)
 ◇保存:[command]+[S]キー(Mac)/[Ctrl]+[S]キー(Win)

などが挙げられますが、実は、全てのメニューのアクションに
ショートカットの割当が可能なのです。

設定も非常に簡単です。

Illustratorチュートリアル:今更だけど知らないと損をする「メニュー」のショートカットメニュー

メニューから
「編集」>「キーボードショートカット…」
を選択します。

Illustratorチュートリアル:今更だけど知らないと損をする「メニュー」のショートカットのウインドウ

そうすると、「キーボードショートカット」を設定する
画面が表示されますので、「ツール」がデフォルトで選択されているプルダウンで
「メニューコマンド」を選択し、必要に応じてキーを割り当てるだけです。

これを機に、よく使うメニューやパネルをショートカットで整理し、
自分にとって理想的な作業環境を構築して下さい。

実は、マウスでその都度、メニューを選択していると、
作業中を行う度に、僅かですが時間をロスしています。
しかし、その僅かな時間も積み重ねると、大きなロスに繋がります。

単純作業は、可能な限り効率化して、クリエイティブな部分に時間を充て、
より効果的なデザイン制作に注力することがベストです。

既に知っている方も多いと思いますが、
デザイン作業をされる方にとって、少しでも参考になれば幸いです。