【注意】イラストレーターCCファイルをCS6で開いてはいけない:販促ツール作りで失敗しないAIの使い方

【厳重注意】イラストレーターCCのファイルをCS6で開いてはいけない:販促ツール作りで失敗しないAIの使い方

私は印刷会社も経営している関係上、イラストレーター(Adobe Illustrator)で制作された印刷用の入稿データを目にすることがあります。

イラストレーターの場合、入稿トラブルがいくつか想定できるのですが、その中の1つとして、バージョンの違いがあります。今回、ある事例で発見した問題と解決策をご紹介します。

イラストレーターのCCバージョンのファイルをCS6で開いてはいけない:AIの使い方とデータ入稿の注意点

イラストレーターCCのファイルをCS6で開いてはいけない:AIデータ入稿の使い方と注意点

ご紹介するのは、イラストレーターCCとCS6の間で起きた問題です。

今回の件は、通常、発生しない問題だと思います。ただし、データを取り扱う印刷会社次第では、発生し得る問題ですので、念のための注意事項としてお伝えします。

 ■問題点
 イラストレーターのCCバージョンのファイルをCS6で開くと、アートボードのサイズが変わる?
 ■解決策
 トラブルを防ぐために、入稿時にチェックすべき3つの項目

イラストレーターのCCバージョンのファイルをCS6で開くと、アートボードのサイズが変わる?

イラストレーターのCCバージョンのファイルをCS6で開くと、アートボードのサイズが変わる?

イラストレーターの新しいバージョンで作ったデータを、古いバージョンで開こうとすると、アラートが表示されます。

通常は、ここで開くのを止め、新しいバージョンで開き直します。(もしくは、ダウングレードをお客様にお願いします。)

今回は、あえて古いバージョンで開いてみます。そうすると、重大な問題が発生します。何と、イラストレーターが勝手に解釈し、中のオブジェクトに合わせてアートボードのサイズを変更してしまいます。

こちらが、イラストレーターCCで開いた正しい状態です。

イラストレーターCC

 □アートボード(仕上がり)サイズ:54mm×54mm
 □オブジェクト(3mmの塗り足し有り)サイズ:60mm×60mm

こちらを、イラストレーターCS6で開いてしまうと、このようになります。

イラストレーターCS6

 □アートボード サイズ:60mm×60mm
 □オブジェクト サイズ:60mm×60mm

この時点で、「仕上がりサイズが54mm×54mmなのに、おかしい!」となるわけです。

そもそも、アラートが出ているのに、開いてしまうのが問題で、普通はこのような事は発生しません。しかし、この問題の発見をきっかけに、改めて、印刷データを入稿する際の注意点の大切さを認識しました。むしろ、そちらが本当に大切なことです。

データを制作し、入稿する段階で、行わなければいけないことがあります。

トラブルを防ぐために、入稿時にチェックすべき3つの項目

トラブルを防ぐために、入稿時にチェックすべき3つの項目

印刷物のデータを入稿する際に、チェックすべき3つの項目があります。

 1:制作したアプリケーションの名称とバージョンを確認する
 2:トンボ(トリムマーク)を作成する
 3:仕上がり(完成状態)が分かる確認用のPDFか画像を添付する

この3つの項目は、今回のバージョン問題に関係無く、印刷データの入稿時に、印刷会社と情報を共有する必要があります。それにより、トラブルを未然に防ぐことができます。

最後に:販促ツール作りで失敗しないため、入稿は慎重に

印刷物はWebサイトと違い、完成後に修正ができないため、印刷してからでは取り返しがつきません。

万一、当初の完成イメージと異なる形で、印刷物が出来上がってしまっては、販促ツールの効果にも影響を及ぼしかねません。また、再度作り直しとなれば、費用やスケジュールの問題で時間が割かれ、本来注力すべき部分が疎かになり、プロモーション全体の問題にまで発展する可能性も十分に考えられます。

非常に細かく、面倒かもしれませんが、チェック項目を確実にクリアすることで、きちんとした販促ツールを制作し、運用・検証を行うことができます。ご入稿時は、印刷会社と共に、是非慎重にデータを確認して下さい。