イラストレーター入稿の注意点:画像の埋め込み

イラストレーター入稿の注意点:画像の埋め込み

初歩的なミス、画像のリンク切れ。

印刷通販を運営していると、様々なデータをお客様からご入稿いただきます。

イラストレーター(Illustrator)で、チラシやパンフレットなど印刷物のデータを入稿する際、最も注意して頂きたいことの1つが、配置画像のリンク切れです。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
イラストレーターのEPS保存時は
配置画像に注意

イラストレーターの使い方:リンクと埋め込み配置

画像をリンク配置するか埋め込み配置するか

イラストレーターで印刷物を制作する際、画像を配置することはよくあります。まず、配置には2種類あることを理解しましょう。その上で、適切な方法でデータを入稿しましょう。

イラストレーターの画像配置:リンクと埋め込み

画像を配置する際、選択できる。

イラストレーターの画像配置

イラストレーターの「ファイル」メニューの中から、「配置」を選択した後に表示されるダイアログで、「リンク」の部分にチェックを入れるかどうかで、配置方法が決まります。

□チェックを入れる:リンク配置
□チェックを入れない:埋め込み配置

リンクか埋め込みかを後からチェックするには、イラストレーターの「ウィンドウ」メニューの中から、「リンク」パネルを展開すれば、確認することができます。画像の名称の右側に注目してください。

イラストレーターのリンクパネル

□アイコン無し:リンク配置
□アイコン有り:埋め込み配置

尚、以前のバージョンでは、埋め込んだ時点でファイル名が表示されなくなる仕様でした。

イラストレーター:画像のリンク配置

リンク配置する際の注意点

□使用しているファイルを一覧で確認する
□必ず全て入稿したことを確認する
□ファイル名を入稿直前に変えない
□入稿時に仕上がりイメージを添付する
□可能なら印刷前に色校正を確認する 等

イラストレーター:画像の埋め込み

「不安を抱えるよりは、埋め込んだ方が良いのでは?」という考え方もあります。いくつか画像の埋め込みには、デメリットが存在します。

埋め込み配置のデメリット

□後から画像を修正した際に自動更新されない
□印刷会社に画像の色補正を依頼できない
□ファイル容量が増えて作業効率が下がる 等

このようなデメリットを踏まえた上で、埋め込み配置を行えば、リンク切れの心配から解放されます。

配置後に埋め込み配置へ変更する方法

最初にリンク配置を行い、データ制作が完了後、画像を埋め込むことも可能です。

配置後に埋め込み配置へ変更

1:「リンク」パネルの中で画像を選択
2:パネルの右上にあるメニューを展開
3:「画像を埋め込み」を選択

これで、配置した後からでも、画像を埋め込むことができます。

□こちらの過去記事もチェック↓↓
Illustrator(イラストレーター)内に配置した画像を後からまとめて収集する方法

最後に:最悪の事態を回避する

印刷物が仕上がってきたのを確認し、愕然。

「配置していた画像が、抜けている。」

このような場合、刷り直しです。最悪の場合、印刷会社に追加費用を支払って、印刷をやり直さなければならないかもしれません。

1:完全なデータを入稿する
2:仕上がり見本を添付する
3:可能な限り色校正を行う

この3つを守れば、最悪の事態を回避できるでしょう。

それでも、画像の抜けがあった場合は、印刷会社の方に非がありますので、しっかりと対応して貰いましょう。

まず、データをきちんとチェックしてから、データ入稿することが大切です。販促ツールで成果を上げるため、入稿前にデータをしっかりと確認してみてください。

イラストレーターの注意点をシェアしよう!